【超便利?!】ギターとキャリーカートとの組み合わせは最強なのか?

ソフィ

ギターを肩に担いだりエフェクターボードを手に持ったり。

荷物多いし重すぎ!

ギター以外にも持ち歩くもの多いんだから、もっと運搬をもっと楽にしたい。

調べてみたらキャリーカートって便利そうだけど、実際のところどう?

ギター関連の機材って本当に重い。その運搬を少しでも手助けしてくれそうなキャリーカート。

気になって仕方がありません。

実はキャリーカートは、ギタリストが大事な手を保護するためにも絶対的におすすめです。

なぜなら重い機材は一歩間違うと腕の筋を痛めたりと怪我の原因になるからです。

このキャリーカートを使ってみて感じた、いいところ悪いところをお話します。

キャリーカートは徒歩の移動には画期的存在

キャリーカートは、徒歩で移動するギタリストに心強い存在です。

担いだり持ったりするのとは違いスーツケース感覚で引っ張れるので、手の負担がほとんどない

ギタリストは、演奏に右手も左手も駆使します。

それが移動のときに重いボードなんか持ってて、もし腕の筋をやっちゃったりしたら致命的です。

それを避ける意味の保険としてもカートはあったほうが絶対に良い。

僕のような同期を使うバンドの場合は特に大変です。

  • 背中にはエレキギターの入ったケース
  • 右手にはマルチを突っ込んだ大きなエフェクターボード
  • 左手には同期音源などの機材を入れたトートバッグ

これらの機材が総力を上げて殺しにきます。

それがキャリーカートを使うとこうなるのです。

これで移動の時は引っ張るだけですよ。

すげぇ楽。

もうギタリストなら必須なんじゃね?と思うような機材です。

ちなみに僕の場合は、最大40Lぐらいの大容量リュックを使ってその他の荷物を持っています。

これならもともと両手がフリーになります。

遠征などで旅行荷物とギター機材の両方が必要になっても、かなり移動が楽!

それにどちらか片手はフリーになりますからエレベーターなどの移動のときにもボタン押しやすく便利。

僕も新潟まで遠征に行きましたが、普通に旅行感覚で遠征にも行けます。

旅しながらギターを弾きたい人にはすごく良い機材なのです。

キャリーカートは使う場所を結構選ぶ

ギタリストの大事な手を保護するにも移動の自由度を高めるにも非常に役立つキャリーカート。

ただし、ギターの運搬にはいくつか注意したい部分もあります。

  • ギターはハードケースが前提
  • 階段は最悪
  • 意外に小回りきかない

こちらを詳しく見ていきましょう

ギターはハードケースが前提

カートに乗せる場合、ギターは基本的にハードケース推奨です。

実際にカートをひいて歩いてみるとわかりますが、歩道って結構凸凹です。

とくに道路と歩道の継ぎ目とかにある、3cmぐらいの段差でもドカドカやられます。

これがハードケースであればわりとかっちり固定されますから、外部からの衝撃にも大丈夫。

しかしソフトケースだと結構ダメージを受けます。

というのも一度ソフトケースで運搬してしまったのです。

当時ソフトケースは比較的クッション材が多いので、大丈夫だろう思ってたのです。

しかし現実には階段やら段差やら凸凹が多く、気づけばギターはダメージを受けていました。

そう、いくら頑丈なソフトケースを使ってもダメージがあります

もしあなたがキャリーカートを使う際は、このようなことでギターに傷がつかないように気をつけましょう。

ライブでついた傷は勲章ですが、移動でついた傷は虚しいだけです。

階段は最悪

キャリーケースの振動対策に続く話ですが、階段の移動は最悪です。

基本的にライブハウスって古い建物を改装している場合が多い。

エレベーターがついてるライブハウスなんて稀なんじゃないですか?

少なくとも僕の周りでは、エレベータのあるライブハウスなんてほとんど見たことありません。

しかもそんなライブハウスのステージはたいてい2階とか地下1階です。

そのとき、必ず通らなくてはならないのが、

階段。

しかもだいたいがお年寄り殺しの急な段差。

階段の移動ぐらいなら持ち上げればいいじゃん。

なんて思いますが、さすがにボードとギターが乗ったカートはハンパない重量。

カートが壊れそうなほど重いです。

そのため引きずりあげるように登ったり降りたりするわけ。

が!これがまたガコガコとボードとギターにダメージを与えてくる!

結局ギターへのダメージもこのときのものが一番多いのではないかと思っています。

できるなら階段を使うときは、カートから荷物をおろして一つずつ持って歩いたほうが安全。

もしメンバーが近くにいるなら一緒に搬入を手伝ってもらうのがよいでしょう。

意外に小回りきかない

カートは車輪がついているのでスムーズに動く印象。

ですがギターとボードを組み合わせたカートは10kg近い重量。

というわけで全然スムーズに動きません

進行方向を変えようにもちょっと狭いところを通ろうにも、結構気を使います。

駐車場から荷物をおろしてカートで移動させるとき。

車にぶつからないようにするのはかなり神経使いますよ。

あと微妙に曲がりきれなかった時。

力ずくで無理やりずらすのも難しいので、なんどか切り返しが必要です。

普段であればいうほど気にならないシチュエーションも、ライブ終わりの疲れた身体で移動してるとき思うように進まないのは、疲れを倍増させます。

キャリーカートに機材を載せて移動して感じたのか、上記の3点でした。

使いやすいキャリーカートはこの2つ

使いにくいところをお話しましたが、移動のしやすさなど総合して考えるとカートは非常に便利です。

ただ、導入しようにもこの手のカートってすごくたくさんあって、どれを選んだら良いか面倒。

何を基準にしたら良いかもわかりません。

そこで僕が今回の経験も踏まえて、独断と偏見で2機種をおすすめします。

とりあえず一応カートの重要なポイントを上げておくと

  • 耐荷重が大きく頑丈
  • タイヤが大きい
  • 収納がしやすい

この3つがポイントですね。

マグナカート

やはりイチオシってゆーか定番はこれですね。

このカートの売りはなんといっても頑丈さとコスパ!

キャリーカートは値段で選ぶならドン・キホーテとかにいくと980円とかから売ってます。

でもあれってすぐ壊れるんですよね。

耐荷重が10kg程なので、機材も一応のるにはのります。

でもさっきお話したような段差にぶつかると致命的。

ひしゃげたり、気がつけば車輪が壊れたり、さらに溶接がはずれたりして終了

さらに壊れたキャリーは金属ですから簡単に捨てられません。

移動中に壊れたら無駄な手荷物が増えるだけなので地獄です。

その点マグナカートでしたら4000円ほどで買えるうえ、耐荷重も68kg。

人間も載せられるほどの耐久性なので、階段の段差程度の衝撃など微動だにしません。

そんなマグナカートにもいくつか種類があります。

その中では大きすぎず小さすぎずで、丁度良いサイズで使いやすいもの。

それが上にリンクを載せたMCI-SSです。

固定するバンドも最初から付いてるのでわざわざ買い足す必要もありません。

壊れるリスクや買い直すことを考えると、入門用にはマグナカートを買っておくと良いでしょう。

3輪式折りたたみカート

もう一つ推したいのはこの3輪タイプのカートです。

【楽天スーパーSALE 15%OFF】1年保証 キャリーカート 折りたたみ 階段 買い物 軽量 3輪 静音 運搬 コンパクト 固定ロープ付き アルミニウム合金 水晶ホイール 耐荷重75kg アウトドア 段差 カーブ 斜面でこぼこ道 10つの車輪 (付属品:バッグ+弾力ロープ) posted with カエレバ楽天市場Amazon

ライブハウスの移動で感じたのが、階段の厳しさです。

なんでライブハウスの階段てあんなに急なんですかね?

いくらタイヤが大きくて比較的段差にも強いマグナカートでも、階段の移動はかなりの負担。

でもこの3輪タイプのカートであれば、階段の上り下りが非常に楽です。

ちょっと詳しい人ならわかりますが、3輪のタイヤは段差をうまく受け流してくれる仕組み。

なので移動も楽になるし、安心して機材を任せることができます。

昔仕事で荷物を運んでいたときに、3輪タイプのカートを使って階段が楽だったことを思い出しました。

とはいっても実際に使ったわけではないので、使い勝手や耐久性はわかりません。

でもできることであれば3輪タイプを使ったほうが汎用性は高いと思う。

エフェクターやアンプ、場合によってはギターを2本も持ち歩くこともあろう機材の運搬。

重量級の荷物が多いギタリストは、キャリーカートも機材の一部として導入したほうが安心です。

ライブでのパフォーマンスに支障が出ないように、対策の一つとしてぜひ導入してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です