ミニマルギタリスト・羽紋慎二が所有しているギターや機材を全部紹介

ソフィ

慎二ってどんな機材使ってんのにゃ?

ミニマリストとかいってるからギター一本だけとか?

僕がスタイルとしているのはミニマルギタリストです。

といってもなんのこと?という感じですよね。

ミニマルといえば、昨年ぐらいからコロナ渦の影響で、全国的に家の掃除や断捨離というものが流行りました。

そんななかで注目されたのがミニマリストでした。

映し出されたなにもないワンルームに、ぽつんとたたずむ彼ら。

そこで余白を楽しんでいるという彼らからは、ちょっと狂気を感じます。

しかし大事なのは、好きなものに一点集中し余計なものを徹底的に排除する。

好きなものに対してだけ時間を使うという徹底ぶりが大事なんですね。

僕もこれに合わせていらないものを徹底的に捨て、仕事部屋の構造を大幅に変えました。

そして自分の好きなことに集中する、ミニマルギタリストを構築しています。

機材はミニマルがいい

ギタリストという生き物は何本ギターがあっても嬉しいもの。

ですが

  • 使いもしないギターをメンテもせずに放置
  • 押し入れに詰めっぱなしのエフェクター類
  • 日の目を見ない大きなギターアンプ

まるでハーレムを作るようでいいですが、とてもじゃないがギターは幸せじゃないと思う。

コレクターは別ですよ。集めるのが趣味だし。きれいに置いとくと思うし。

しかし我々はプレイヤーでありギタリストのはず。

メンテナンスにばかり気を取られていたらギターの練習に身が入らないし曲も作れない。

なのでアマチュアギタリストの我々は機材は必要な最小限に抑えるのがいいと思っています。

もちろんミニマルギタリストとはいっても、ギターを一本しか持たないというわけではないです。

僕の言うミニマリストギタリストとは、

  • 管理できる範囲の機材
  • 身軽に移動できる持ち物
  • どの箱でも安定したプレイ

という状態を指しています。

この定義でいけば、アコギ一本の流しが最強ですが、私はロックな人間。

まだそんな境地にはたどり着けません。

そんな僕が所持している機材とシステムをご紹介します。

FERNANDES RAVELLE ELT

えげつないほどキルトメイプルを際立たせるボディが特徴。

アームとサスティナーがついたレスポールみたいなギター。

一目惚れに近い感じで出会い、長きに渡って悩みましたが忘れられず購入。

演奏性から機能性、見た目まで僕の理想が全て詰まったギターです。

ライブでは常に最前線で使っています。

Gibson TAK DC CUSTOM

友人に連れられB’zの25周年ライブに参戦。その感動のまま衝動買してしまったギター。

ミッドのはっきりしたタイトな音で、見た目とは裏腹にどんなジャンルにも対応できます。

指板にはエボニーではなくリッチライトという人工木材を使うなど、エコロジーな一面も。

ただ、電装系が思いの外チープでノイズもすごかった。

カスタムショップといえどGibsonの底力を知った。もうGibsonは買わない。

EpiphoneJapanLQシリーズ レスポールSTD

僕がギターを始めた頃からの相棒で、かれこれ15年以上の付き合い。

高校生当時、EpiphoneのTAK BURSTを買う気満々だった。

そんなときにこいつが発売されるという情報をゲット。

  • ラッカー塗装
  • 日本製

この2つの魅力に魅せられ、気付いたら手元に。

雑味はあるけどいい味のある音です。

現在は半音下げチューニング専用機として在籍。

こいつは手放せません。

FenderJapan ストラトキャスター

一本ぐらいはストラトがあったほうがいいなと思って購入した一本。

実は特に思い入れはないです。

ただ唯一のシングルピックアップのギターなので重宝しています。

これを購入したときのS村楽器の店長の対応が嫌で、これ以降その楽器屋には顔を出していない。

SCHECTER HELLRAISER C-1FR

81/89のEMGピックアップとフロイドローズを搭載した、まさにメタル御用達のギター。

大学生の頃理想のギターを求めていたとき、わりとその要素が詰まっていたので買ってみた。

その後幾度か加工もしたが、結局ロングスケールが合わずお蔵入り。

現在はそのロングスケールとフロイドローズのナットの利を活かして2音半下げチューニングを施工。

onyxxxでLowBを使う7弦ギター音域の楽曲を弾くために、メインギターの座にいる。

ARIA W-50D

おそらく70年代後半に作られたであろう、ジャパンビンテージ的なアコースティックギター。

ハラカンダローズウッドをボディサイドとバックに。

フィンガーボードにはエボニーが採用されている。

それでありながらも当時の販売価格は5万円というコスパ最強のギター。

音もなんとなく好き。良し悪しはよくわからん。

唯一のアコギなので重宝している。

YAMAHA TRBX305

onyxxx楽曲のRECの際に、どうしてもLowBの音域が欲しくて購入した5絃ベース。

アクティブピックアップ搭載で音のバランスは抜群。

さらにパフォーマンスEQという、スイッチひとつで最適な音を作り出す魔法のベース。

ほんと、RECからライブまで万能のベースです。

ギタリストに非常におすすめ。

BOSS GT-1000 マルチエフェクター

ぼくのサウンドシステムの根幹を担うマルチエフェクター。

BOSSのエフェクターの歴史は長く安定しているし、往年のアンプの再現度も高い。

ただ搭載されているオリジナルアンプのほうが、抜けもよく使いやすい。

IRデータも使えるのでかなりリアルな音が楽しめる。

その気になればアンプも使わずにこれだけでライブができる優秀さ。

アンプシミュは優秀だけど、全く使い物にならないのもあるので注意。

ちなみにこれ以外のエフェクターは現在持ってません。

それくらい優秀なマルチプロセッサーです。

BOSS WL-20

BOSSから出たデジタルワイヤレス・システム。

最近のものはこんなに小さいんですね。

昔使ってたアナログシステムは、無線のようなでかい受信機とバッテリーがすぐに無くなる送信機。

サイズもボードもギリギリだし、ライブ中に電池が切れたこともしばしば。

新しいこれは、もう2年近く使ってますがバッテリーの劣化などもほとんど感じさせません。

ただ自宅で使っているとwifiの回線の影響なのか、たまに音がとぎれるのが気になります。

たぶん似たような電波の帯域使ってるからだろうな。

シールド類

うん、Historyのシールドだったと思う。

けど、自分で切ったり張ったりしてる間にわからなくなってきた。

たぶんHistoryだったと思う。

Moor BABY BOMB

30W出力の小型パワーアンプ。

手のひらに収まってしまうようなちっちゃなボディから恐ろしいまでのパワーを生み出す。

つまみを12時以降に回すと、真空管の歪みのような温かみまで表現する優秀なパワーアンプ。

以前は自作のパワーアンプを使っていました

が、最近また壊れたのでとうとう既製品に。

30W出力って微妙だよなぁ、、って思ってたけどなんてことない。

十分すぎるくらいのパワーです。

自作 112キャビネット

ヤフオクで買った自作のキャビネット。

キャビネットはギターの出音の5割近くを影響するといわれています。

なのでキャビネットは自分用を一台もちたかったのです。

スピーカーはEminence製のFender純正でハイミッドの強い鼻につくようなクリーントーンが特徴。

でもなんとなく気に入らないので、最近CELESTIONのG12T-75に換装。

ローミッドの強いちょっとウェットなサウンドになった気がする、、?

しばらくはこれで行こうと思います。

Zoom R8

今やなかなか使ってる人を見ないマルチトラックレコーダー。

4系統で出力できる機材なので、PAとドラムで別々の音源を送ることが可能な同期音源用機材。

ボスから絶賛借りパク中です。

  • パソコンのような大きなに液晶画面がないので演奏中に壊れることもない。
  • インターフェイスを別に持ち歩く必要もないので相性問題もない。
  • DAWのようにパソコンが固まって演奏が止まるのではないかという恐怖もない。

DAWに比べれば不便はあるが、安心して使えて取り扱いがシンプルだから好き。

Roland QUAD-CAPTURE

長きに渡って我が家のレコーディングを支え続けてくれているオーディオインターフェイス。

壊れないし、音質の劣化とかもないし、全く不満がないからこれからも現役だね!

Roland MA-15D

モニタースピーカー。

やっぱDTMのモニターするにはモニタースピーカーがいいかなと思って購入。

安い中華スピーカーとかに比べればもちろん雲泥の差。

でもこれがモニタースピーカーとして良いとか悪いとかなんてことは、僕にはわからない。

使ってきていえることは、これで十分だということ。

僕のものと色が違うけど、島村楽器オリジナルモデルとかあったりするのかな?

audio-technica ATH-M20x

モニターヘッドフォン。

やっぱモニターするならヘッドホンもそれなりの買わなきゃなと思って買ったヘッドホン。

多分十分なんじゃないかな?

世界基準ではソニーのMDR-CD900STってヘッドホンだろうけど。

気になる人はそっちを買うといいよ。

Steinberg CUBASE5

すでに何世代前かもわからないcubase5。

でも現役で動いてくれちゃってるからしょうがない。

世代的に多少の不満はあったが、プラグインを導入すればなんの問題もなく使えることに気付いた。

そのためなおのこと買い換える必要性がなくなってしまった不遇の(?)ソフト。

まぁ次のOSに切り替える必要性が出てきた頃に考えよう。

WAVES Platinam

優秀なプラグインがたくさんバンドルされたソフト。

発売当初は70万円とかしていたらしいが、現在は2万円ぐらいで買えます。

これでアナログ感の大事さとかミックスやマスタリングなどいろんなことがわかった。

それにバリバリ第一線で使えるので、DTMするなら導入しておいて間違いないソフトだね。

ただグラフィックの負荷がなかなか大きいので、それなりのグラフィック性能を積んだパソコン推奨。

ギターシステム

僕のギターシステムは、安定をモットーとしていて非常にシンプルです。

ライブでも簡単に持ち込める機材で、どの会場でもほぼ同じように音が出せます。

ライブでは以下の通り。

基本移動が楽な方を選ぶので、PA直が可能なライブハウスならギターとGT-1000だけのことも。

それにだいたいマーシャルキャビはどんな会場にもあるし、音の指向性も一緒だから問題なし。

でも会場によってはアンプが必要な場合もあるから、そんなときはキャビを持ち歩く。

というのが基本です。

しかし最近はキャビもだいたい持ち歩くようにはしています。

せっかくの自分の機材なんだし、使いたいんじゃあ。

それに入口から出口まで常に一緒だという安心感も、演奏に対する強い味方になるからね。

宅録の場合は以下の通り

ほぼかならずオーディオインターフェイス通します

GT-1000の有無でパソコンの環境が変わると面倒だからです。

これはモニターの関係上といえばいいのでしょうか。

ホントはGT-1000とPC直でもいいんだけど、その都度モニターとかヘッドホンの差し替えとか面倒。

その上、他の楽器とかマイクつなげるときにインターフェイスをつけるなんて面倒です。

なので、長年このシステム。

やはり作曲でもなんでも、取り掛かるまでの手間をいかに取り払うか。

じゃないと思いついたアイディアが形になる前に消えてしまいます。

宅録においては、作業にかかるまでの環境デザインが重要なのです。

まとめます。

機材を集めて音に拘りを求めたり、好きなギターに囲まれて過ごす。

とても気持ちが華やぎますし、なにより所有欲が満たされます。

しかしギタリストを名乗るからには機材にばかり気を取られず、練習時間が重要。

何より作業時間が大事です。

そのためにも

  • 機材は自分が触れる必要最小限のもの
  • すぐに練習や作業に取り書かれる環境
  • 他のものに邪魔されない集中できる環境

これらが非常に重要。

ミニマルで必要なものに囲まれた環境で、自分の好きなことに集中できる。

これこそが自分のクオリティ・オブ・ライフを上げるためにもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です