マルチエフェクターがあれば、アンプはいらない【でも音作りには注意してね】

ソフィ

マルチエフェクターがあればギターアンプっていらなくにゃい?

アンプシミュレーターも付いてるしヘッドホンで音も聞けるし、ライブではPAに直接つなげばいい。

だからもうアンプは卒業しようと思うにゃ。

マルチエフェクターがあればギターアンプはもういらないんじゃないかと悩んでいませんか?

確かに住宅用にMarshallの100Wのスタックアンプみたいな大きなギターアンプは正直なくてもいいです。

が、マルチエフェクターですべてを代用するというのであれば、ちょっと注意しなくてはなりません。

なぜなら、マルチエフェクターは音の出る環境によって全然で音が違うからです。

僕はギターを始めてからずっとマルチエフェクター派でした。

現在もスタジオでの練習からライブ、自宅練習から宅録まで全てに使っています。

そんな僕も音の追求をと考えて、コンパクトと真空管アンプを買い揃えた時期もありました。

それらの考えも含め、今回の記事をまとめていきます。

この記事を読み終わることには、あなたがマルチエフェクターとの向き合い方がわかると思います。

マルチエフェクターがあればアンプはいらない

結論から言うと、ある程度多機能なマルチエフェクターがあれば、アンプはなくてもエレキギターは成立します。

まず近年の技術向上により、マルチエフェクターの音質はかなりアンプライクになっています。

というのも2008年頃に発売されたBOSSのGT-10あたりから音質が大幅に向上。

もはやマルチ特有の音の微妙な感じが感じられない状態です。

さらにアンプへの接続も必要なく、キャノン端子でPAへ直で出力も可能。

結果的にアンプレスで身軽な移動を追求できます

一時期コンパクトやアンプで音を追求しようと揃えようとしてた僕も

慎二

マルチで十分なのになんでわざわざ揃える必要があるんだ

と考えてGT-10でマルチ派に舞い戻り、現在もGT-1000を使っています

もはや多機能すぎて、マルチエフェクターがあればアンプなんていらないのです。

  • 自宅練習はヘッドホンで十分
  • スタジオやライブではPAに直挿しでいける
  • 自宅の練習はヘッドホンやモニタースピーカーでいける

では詳しく見ていきます。

自宅練習はヘッドホンで十分

自宅で練習する場合、マルチエフェクターとヘッドホンがあれば十分です。

あなたは自宅でギターを練習するとき、どんなふうにギターから音を出しますか?

ギター→エフェクター→アンプ

こう繋いで音を出して練習するでしょう。

ただ最近の住宅事情では、本番に使う大型アンプで本格的な練習ができる家庭は少ないと思います。

となると小型アンプでということになるのですが、それでも意外と音量は大きいので迷惑。

それに例え音が出せても小型のアンプでは音の特性が全然違います。

となると音作りの参考にもなりません。

そう考えるとヘッドホンを通した練習が無難ともいえます。

マルチエフェクターならヘッドホンやモニタースピーカーから音を出してもそれっぽい音がでます。

それにパソコンと繋げばYou TubeやiTunesなどで、楽曲と合わせて楽しみながら練習も可能です。

それでもアンプで音を出したいのなら、出力が小さくてもしっかり音の出るミニアンプが良いでしょう。

というわけで自宅で練習するだけなら、マルチエフェクターがあれば十分といえます。

ギターのrecも自宅で簡単にできる

マルチエフェクターがあれば、大きな音を出さずともギターのrecが可能です。

もし本気のギターアンプを使ってエレキギターを録るのなら、recは非常に大変な作業です。

  • 大音量を気にしなくていいように、スタジオへ入る
  • 自分好みの重たいギターアンプを搬入する
  • キャビネットにマイクを設置する
  • 時間を気にしながら何回かテイクを録り直す

本来はこんな贅沢な方法をとります。

アメリカの田舎であれば、自宅でも可能かもしれませんね。

命の保証はないけど

が、日本の住宅ではこんな事なかなかできない

それに大音量の出せるスタジオは、入った時間だけお金がかかります

なのでもし録り終わったあとにミスや気に食わない部分が出てしまったら、、、

考えたく有りませんね。

それに比べ、マルチエフェクターであればこういった環境をデジタルで再現できます。

  • 自分好みプリアンプを選べる
  • 自分好みのキャビネットが選べる
  • 音録りのマイクもシミュレートから選べる
  • オンマイクや5cm話すなどマイク位置の調整できる

そう、防音室でしかありえない環境を簡単に作れるのです。

それにマルチエフェクターであれば、大概USB端子を搭載しています。

なのでギターの音を直接パソコンに送れますから、宅録するときなんかはUSBケーブル一本です。

パソコンにつないでDAWソフトを立ち上げて録音すれば、時間無制限に納得いくまでテイクを重ねられます。

もちろん実際にアンプから大音量を出す必要はありませんから出音の気になる自宅で可能です。

そうやって自宅で仕上げた曲がこちらのwildroadです。

中にはもしかするとUSB端子のないマルチエフェクターをお持ちの方もいるかもしれません。

その場合は別途オーディオインターフェイス経由でパソコンにつなげればよいですから全く問題は有りません。

マルチエフェクターがあれば、ギターのrecもすぐに対応可能です。

スタジオやライブではPAに直挿しでいける

実はマルチエフェクターがあれば、スタジオやライブ会場でもアンプから音を出す必要がありません

昨今のマルチエフェクターにはマイクを接続するキャノン端子がついています。

その端子でマイクケーブルを経由して、スタジオならミキサー、ライブならPA卓に直接入力するだけです。

これって意外といいんですよ。

ギターの音は特性上、音が直線的にしか飛びません

なのにギターアンプってなぜか足元の低い位置にあるため、本来の音は聞き取れません。

すると音がこもって聞こえるのでそのままセッティングすると、出音がキンキンしたかなりひどい音になりがち。

その点モニタースピーカーなら、耳の高さで自分の方に向いているので、音がはっきり聞こえます。

なので、音作りでも練習でも良い事が多い。

もうひとついうと、ギターアンプを通すとなると、そのアンプによって接続法が違いますから調整が面倒

PA直の場合はそのあたりを割と素直にスルーできるので、思い通りの音が出しやすく手軽。

実はアンプを通すよりもメリットが大きいことが多いのがマルチエフェクターのPA直です。

そう、ギターアンプはすでにその存在理由を失っています。

マルチエフェクターはプロも使っている

ソフィ

マルチエフェクターってデジタル臭かったり音の劣化がありそうで好きじゃないにゃ

マルチエフェクターはこのような考えをもたれてるかたも多いようで、こんな話をよく聞きます。

しかしプロミュージシャンもマルチエフェクターを活用しています。

例えばLUNA SEAのSUGIZO。

独特な感性で宇宙的な音を堪能させてくれるギタリストですが、BOSSのGT-10を使用しています。

SUGIZO 試奏 GT-10 Multi-Effects Pedal Test 3-1

まぁ2世代前の機材ですから現在も使っているかはわかりませんが、この様に使い慣れた手付きで触っています。

その他にも独特な世界観でヘヴィメタルを楽しませてくれるSEX MACHINEGUNS。

そのリーダーであるANCHANGもマルチエフェクターの使用者です。

なかなかプロの視点からマルチエフェクターを語ってくれることってないですから、とても貴重な動画です。

【SMGfire】ANCHANG × マルチエフェクター

この様にマルチエフェクターは使い物にならない機材というのは、すでに古い常識になってしまっています。

もちろん動画中ANCHANGも語っていますが、肝心要の歪みに関しては好みが出やすい部分です。

なので好みのエフェクターやアンプを通すということも考慮したほうがよいです。

スタジオやライブで使う音を、ヘッドホンで作ってはいけない

マルチエフェクターがあればアンプはいらないというお話をしてきました。

しかしマルチエフェクターならではの注意点もあります。

それは、ヘッドホンで音作りを完結させないことです

これはすごく重要なのでもう一度言います。

ヘッドホンで音作りを完結させないこと

それは以下の理由から。

  • 音量がぜんぜん違う
  • 現場での直感的な変更が苦手

それぞれ解説します。

音量がぜんぜん違う

ライブやスタジオは、ヘッドホンとは比べ物にならないほどの大音量で音を出します。

そのためヘッドホンで作った音は、現場で使い物にならない音になってしまうのです。

一緒にスタジオに入っても良い音を出してくる人は、スタジオの大音量で音作りを行っています。

とくにコンパクトエフェクター主体の人は基本的にヘッドホンで音を作るという事ができません。

なのでアンプで大音量で音を作るのが当たり前。

それに対し、マルチエフェクターで音を作る人は、ヘッドホンで作ってそのままスタジオや本番で使う人が多い。

僕自身マルチ導入後は、ずっとヘッドホンとDTM用のモニタースピーカーで音作りをしていました。

慎二

2つで確認しておけば間違いないやろう

そう思いスタジオに出ていましたが、僕のギターの音はいつもギンギンした耳に優しくない音

トレブルが強すぎて耳に痛かったり、歪すぎでハウリングまで起こす始末。

その上他の楽器と合わせると音抜けが悪く、音量を上げてもなんだか他の楽器に負けてしまいます。

当時は何度検証しても意味がわかりませんでしたが、今考えればわかります。

例えるなら、ささやき声で作った音を大音量で鳴らすようなもの

そりゃあ音の特性は大きく変わります。

現場での直感的な変更が苦手

マルチエフェクターはなんでもできる反面、直感的な操作が苦手です。

いざ今からリハーサル。

ギターをアンプに接続して音を出してみると、ハウリングがひどいわ耳を殺しにくるわとてもひどい音。

こんな風に出音が全く使い物にならなかった場合、とても悲惨です。

というのもマルチエフェクターは、内蔵エフェクトを確認しながら操作が必要で複雑。

なので、その場で感覚的にツマミを調整するのとはちょっと違ってむずかしい。

一応マスターEQなどで最終調整できますが、そもそも前述のような場合は音が根本からおかしい場合が多い。

かるい調整だけですみません。

もしその場で自分の音を変更し始めたら、他のメンバーの時間を奪ってしまうことになります。

これじゃあもう呼ばれません。

というわけで、マルチエフェクターはヘッドホン端子がありますが、あくまで練習用です。

ライブやスタジオ向けの音を作るのには適していません。

というわけでまとめます。

  • マルチエフェクターがあればアンプがなくても十分
  • 音を作るときはスタジオで大音量で作るべし
  • 間違ってもヘッドホンで作った音でライブするなよ

マルチエフェクターは非常に便利な機材ですが、その分使い勝手は複雑です。

エレキギターは大きな音を出して演奏するものです。

マルチエフェクターであっても必ず実際の現場で音を出して作りましょう。

2件のコメント

今時のマルチ、アンプシュミ 確かに高性能だと思いますが、PA直挿しには疑問があります。
プロの現場ならPAもそれなりの機材だと思いますが、アマチュアのライヴ会場では安物の機材を使っているところが少なくありません。
いくらマルチが高性能でも肝心の出音となるPAのアンプ、スピーカーがしょぼかったら意味がないのでは?

こんにちは。コメントありがとうございます!
そうですね。出音の機材が悪ければどれだけいいものを使ってもだめでしょう。
ただPAのアンプやスピーカーがしょぼいとなると、ボーカルやシンセサイザーもしょぼくなります。
となればライブの音全体がしょぼくなっちゃいますから、バランスが取れて逆にいいかもしれません。
まぁ冗談は置いといて。
マルチエフェクターのPA直のいいところは、取り回しがいい上に必要十分な音が出ることです。
出音に強いこだわりがあるのであればギターアンプを持ち歩くべきだと思います。
ただ運搬やセッティングなど非常に労力がかかるうえ、場所も取るし扱いにもシビア。
それほどの思いをしてまでやるよりは、マルチエフェクターで十分だという考えです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA