エレキギターのアンプの種類と選び方!自分にあったアンプ選びフローチャート

ソフィ

エレキギターのアンプってスタックとかコンボとか、マーシャルとかBOSSとかメーカーも形もたくさんあるよね。

なんかそれぞれに違いがあるみたいだし、アナログとデジタルがあるとかもうさっぱり。

それってそんなにちがうものなの?

なんか手軽に自分にあうアンプを選ぶ方法とか教えてくれない。

エレキギター本体には自分の好きなアーティストモデルや弾きやすい形、昔からの定番があり、選びやすいです。

が、ギターアンプって意外とよくわからないです。

歪みが違うとか真空管がとかいわれても、正直そんなに違いがわからない。

もし見た目だけで大型スタックアンプなんて買った日にゃ、ほぼ使いみちがありません。

今回はそんなギターアンプ選びの悩みを解消します。

僕自身、高校生のときにエレキギターと出会って気がつけばやわら20年。

いらない豊富な経験と今も現役バンドマンとしてライブ活動や楽曲配信をしている僕の目線から解説します。

ギターアンプの種類を細かく紹介

今回はあなたにあったギターアンプの選び方をご紹介するために、まずはギターアンプの種類を解説します。

ギターアンプって結構エレキギターとの相性もあり、音楽ジャンルによって定番の組み合わせもあります。

まずはギターアンプの特徴をひとつずつお話していきます。

真空管アンプかトランジスタアンプか

数あるエレキギターのアンプ論争の中、一番声高に言われるのが真空管orトランジンスタ論争です

真空管アンプって?

真空管アンプはギターの音の代名詞。

エレキギターの歪んだ音はほぼ全てが真空管アンプの音をもとに作られています

ギターから入ってきた音を、真空管という電球のようなもので増幅して音を鳴らします。

ゲインを上げるとそれにそって徐々に歪んでいき、心地よい歪み音を作り出し、それでいてW数を感じさせないパンチのある音が特徴。

ただ真空管は消耗品でメンテナンスが必要であったり、アンプ自体も非常に大きく重いです。

その上移動の振動などに弱く、手荒な扱いができないので扱いには細心の注意が必要です。

トランジスタアンプって?

トランジスタアンプには2つの特徴があります。

  • 真空管アンプに比べて非常に小さく、安価に作ることができる
  • 音はレンジが広く、下から上まで非常に綺麗になる

そこまで大きくないアンプでもスタックアンプ並みの大出力が出せるモデルがあります。

それに多少手荒に扱っても壊れにくいので、機材の持ち運びに安心感があります。

さらに価格が手頃なものが多く、初心者練習アンプとしてもよい。

そして音の出力はレンジが広いためエフェクトののりが良いのが特徴。

これはエフェクターで音をつくる人はもちろん便利です。

それに開発する側は往年のアンプをモデリングしたアンプを開発するなど、応用がきくのが良いところです。

そのため現代ではトランジスタアンプも真空管アンプと遜色ないような自然な音を出してくれます。

真空管とトランジスタはどちらのアンプを選ぶか、は今となっては使い勝手や好みで選んで問題ありません。

本来のトランジスタアンプは真空管のようには歪まず、音量を上げて限界を越えると、突然ノイズのようなひどい音になります。
トランジスタアンプがきれいに歪んでいるのは、歪んだ音をデジタルで再現しているからで、基本的にトランジスタで歪ませることはしないのです。

自宅で使うものか、ライブで使うものか

ギターアンプは素材の違いの他に目的も重要です。

もし自宅練習で100Wのマーシャルアンプを使えば、近所迷惑を通り越して早々に追い出されるでしょう。

もしライブに10Wの小型アンプを使えば客席に音が届かず、エアギター状態になれます。

ライブで使うアンプとは、自分のギターの音をオーディエンスに印象づける、大事なものです。

40WのアンプをボリュームMAXでバンバン歪ませて使うも100Wのアンプで余裕のパワーで演奏するのも良いです。

なのでまずは自分の出したい方向性をはっきりさせるのが良いでしょう

まず自宅練習用であれば、トランジスタアンプで10W程度のものなら近所や家族のじゃまにならないでしょう。

真空管はトランジスタより音量が大きい傾向があるので、1Wとか0.1Wとかがいいですね。

この場合ヘッドフォン端子などがついていて、夜間でも練習が問題ないようなアンプを選ぶと便利です。

スタックアンプやコンボアンプ、モデリングアンプや小型アンプといろいろある

使用目的やアンプの構造の違いをお話しましたが、アンプには沢山の種類があります。

スタックアンプ

ライブハウスなどによく上手で見かけるやつですね。

ヘッドアンプというアンプ部分とキャビネットというスピーカー部分が分かれているタイプのアンプです。

ライブや練習でもヘッドだけ持ち込んで使うという人。

スピーカーとアンプのメーカーをあえて別にして音を作る。

などなど幅広い選択肢が可能です。

ライブで使うギターアンプを想像すると、このタイプのアンプを想像する人が多いのではないでしょうか。

最近では小型のヘッドアンプも出てきており、持ち運びにも便利なので個人ユースがしやすくなってきています。

コンボアンプ

先程のヘッドアンプとキャビネットが一体化したアンプです。

一体化していること以外は似たところが多いです。

ただスタックアンプのように裏が密閉されておらず、アンプの放熱用に開いているので音質が変わります。

さらにセパレートタイプに比べてボディが小型化されているので軽い。

なので持ち運びなどを考えても扱いやすいアンプです。

モデリングアンプ

デジタル処理で様々なギターアンプの特徴をモデリングしたアンプ。

さらにコーラスやディレイなどと言ったエフェクトも内蔵したとても便利なものもあります。

昔はこういったアンプは

シンジ

デジタル臭くて好みじゃなーい

という意見も多くありました。

しかし最近の技術はすばらしく、違いはほとんど好みとして捉えられるくらいにまで進化。

むしろ上で紹介しているアンプのように、真空管を使ってモデリングしているアンプもあるのです。

プロも納得のクオリティでライブで使うユーザーも増えています。

コンボタイプだけではなくスタックタイプのモデリングアンプもあります。

なので見た目重視という人にも実戦投入しやすくなっています。

小型アンプ

10W程度の低出力アンプ。

自宅での練習やちょっとした音合わせ、野外でのライブなどにも使いやすいサイズです。

音量も控えめなので練習としての用途がメインとなります。

安価なトランジスタアンプだけではなく、真空管を搭載した本格的なものもあります。

メーカごとの特色もある

ファッションや車などにメーカーの特色があるようにアンプにもそれぞれの特色があります。

マーシャル

引用:http://www.marshallamps.jp/products/amplifiers/studio/

ロックギタリストなら言わずもがな。ギターの歪み系アンプといえばマーシャルというイメージです。

あの強烈な歪サウンドで有名なBOGNERも、マーシャルの改造から始まっているほど。

そう、元祖のギターアンプです。

トレブル強めのギャンギャン歪むサウンドは、レスポールタイプのギターと相性がよく、ロックな音を奏でます。

ライブハウスやスタジオに入ると必ず1台はおいてありますね。

フェンダー

引用:https://shop.fender.com/ja-JP/start

フェンダーといえばストラトキャスターなどのエレキギターを思い浮かべますが、実はアンプも作っています。

クリーンからクランチが非常に綺麗で、どちらかというと渋いギターを弾く人が使っている印象です。

ストラトキャスターなどのフェンダー系ギターとの組み合わせは抜群です。

Roland

引用:https://www.roland.com/jp/products/jc-120/

ギターアンプでRolandと言われてもなかなかピンとこない人は、JC120という名前を聞くと思い出すでしょう。

エフェクターではBOSSという一大メーカーを作り上げた、音楽業界ではかなり幅を利かせているメーカーです。

Rolandのアンプと言えば硬さときらびやかさを感じさせる、よくも悪くもトランジスタらしいアンプです。

しかしその頑丈さやどんな環境でも音に変化が出ない作りは唯一無二。

どこのスタジオでも1台はおいてありますし、安心して使うことができるアンプなのです。

エフェクターで音を作り込むという人にはぴったりです。

VOX

引用:https://voxamps.com/ja/product/ac15-custom/

VOXといえば往年の名作、AC30が有名。

近年でも映画ボヘミアンラプソディーでブライアン・メイのギターソロのシーンで出てくるなど、特徴的なサウンドの人に多い印象。

中域が強く温かみのあるサウンドが特徴的。

ストラトキャスターなどと組み合わせるときらびやかさと柔らかさが重なるいい音を奏でてくれます。

ギターアンプ選びのフローチャート

では肝心のギターアンプですが、どのように選べばよいのでしょうか。

ここでは簡単なフローチャートを作ってみました。

小型アンプからスタックアンプまで、どのタイプを選べば良いかが一目瞭然にわかりますよ。

はい、異論は認めますが、アンプを選ぶ際の1つの指標にはなります

アンプとキャビネットの相性まで、音にとことん拘るスタックアンプ。

自分の好きな音が決まってるコンボアンプ。

いろいろなアンプの特性を知りたいモデリングアンプ。

自宅で練習するのに十分な大きさの小型アンプ。

それぞれ選び方はいろいろですが、次にそれぞれでおすすめのアンプをご紹介していきます。

自宅練習におすすめのアンプ

ではフローチャートの結果ごとにおすすめのアンプをご紹介していきます。

小型アンプ

自宅練習用の小型アンプはこういったものがあります

マーシャルMG10

ロックギターアンプと言えばマーシャルです。

そんなマーシャルから出ている自宅練習用に最適な小型アンプがこのMG10。

マーシャルらしいサウンドはもちろん。

Line入力で演奏に合わせた練習やヘッドホン端子に接続して練習もできるので、練習が捗るアンプです。

VOX AC4C1-12

真空管を使ったフルチューブアンプの小型アンプです。

自宅の練習ならばこれ一択じゃないかと思えるほどのできの良さとコスパです。

ただマーシャルのようなライン入力やヘッドホン接続ができない上、真空管なので音がそれなりに大きいです。

ギターの微妙なニュアンスなども出しやすいので、ある程度音が出せる環境にある人はこのアンプがおすすめ。

BOSS KATANAmini

手頃な大きさと外に持ち出せるバッテリー駆動など、様々なシーンで使えるギターアンプです。

アンプタイプもクリーン/クランチ/ブラウンとバリエーションも多く、アンプの可能性を広げてくれるでしょう。

モデリングアンプ

では色々なメーカーのアンプをモデリングしたアンプをご紹介していきます。

BOSS Nextone Stage

エフェクターでおなじみのBOSSが長年研究している、真空管らしい音を再現するTubeLogic。

デジタルでついにここまで仕上げたか、というようなアンプです。

プリアンプはもちろん、パワー管の特性まで調整でき、この世に存在しない自分専用のアンプまでできちゃう。

もちろん自宅練習からライブまで対応できる出力調整機能付き。

本格的なアンプがほしいけど、真空管アンプのようなメンテはちょっと、

そんな人にちょうどよいでしょう。

LINE6 SpiderⅤMkⅡ

2000年代にはアンプシミュレーターのPodでその名を轟かせたLINE6。

その高いシミュレーター技術で作り上げられたモデリングアンプがSpiderⅤMkⅡシリーズです。

再現度の非常に高いアンプモデルやたくさんの内蔵エフェクトを搭載しています。

それでいてピッキングのニュアンスもきれいに出るといわれるほどの作りで評価が高いアンプです。

このSpiderⅤMkⅡ120であれば、アンプのモデリングはもちろん。

12インチスピーカーの音圧感のあるサウンドで練習からライブまでこなせるといっても過言じゃないでしょう。

ケンパー プロファイリングアンプ

これはアンプといって良いのでしょうか、エフェクターというべきなのでしょうか。

非常にクオリティの高いアンプシミュレーターについにパワーアンプが搭載された、最強のヘッドアンプです。

プロのギタリストがライブでも使用するほどのクオリティの高さ。

なので、モデリングアンプの頂点にいるといっても過言ではありません。

専用のキャビネットも出ています。

コンボアンプ

次は持ち運びもしやすい真空管コンボアンプです。

フェンダー 65ツインリバーブ

フェンダーのサウンドといえばやはりこのアンプ。

フルチューブアンプで85Wもの出力を持っています。

スタジオでの練習から大型会場でのライブまで様々なシーンで使えるフェンダー伝統のサウンドです。

自宅で10分使えば、家族から家を追い出されること間違いなしです。

VOX AC30

こちらはVOXの代表作、AC30です。

映画ボヘミアン・ラプソディではブライアン・メイがスタジオでボリュームを限界まで上げてギターソロを奏でるシーンが印象的。

非常に気持が良いサウンドをしています。

もちろん現行モデルではしっかりとゲインとマスターが別れていますから、音量調整は問題ありませんよ。

スタックアンプ

ヘッドアンプとスピーカーがセパレートした、音に見た目に本気で拘る人のアンプです。

マーシャル JCM800

大迫力のディストーションサウンドで、ハードロックやメタルのサウンドを支え続けてきているレジェンド。

100Wの大出力でギャンギャン歪んだ音はギター少年の心を掴んで離さない、不動のチャンピオンです。

EVH 5150Ⅲ

カラッとしたブラウンサウンドで超絶な速弾きを奏でるギタリストと言えばヴァン・ヘイレン。

その名を冠したギターアンプがEVH5150Ⅲです。

当時のものとは違いますが、それでも彼のサウンドを目指す人にとってはこのアンプは避けて通れません。

ヒュースアンドケトナー GrandMeisterDelux40

他の無骨な見た目のヘッドアンプたちとはひと味違うオシャレ感が漂うアンプ。

電源を入れるとショーパブのようなブルーのネオンで文字が浮かび上がる、非常にきれいです。

もちろん見た目だけではなく音色も実力派で、定評のあるクリーンのきらびやかな音。

モダンなディストーションサウンドのジャキジャキした音までバランス良く響かせます。

コンパクトなボディは実用性も兼ね備えており、アッテネーターの採用で出力を切り替えできます。

ライブでの大音量から自宅での小音量の練習まで、とても使いやすいアンプです。

目的に合わせたアンプを用意しましょう

ではまとめます。

  • ギターアンプは真空管とトランジスタがあるけど、正直好みでいい
  • 自宅用とライブ用は分けたほうが良い
  • モデリングアンプも十分使える

ぜひ先程のチャートを使って、アンプ選びの参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA