ZOOM G1fourで、B’zっぽい音作りをしてみる【一ギタリストに一台のZOOM G1four!】

ソフィ

ZOOM G1fourってあるよね。

これマルチエフェクターなのに凄くリーズナブルで興味があるんだにゃ。

でもこれだけ安いとほんとになんでもできるか不安なのにゃ。

ちょっと音が作れるか試してほしいのにゃ。

ZOOMG1fourに興味がある。

でもなんだか、操作が難しそうで思った通りの音が作りができなさそうなんて悩んでませんか?

ZOOM G1fourはその価格とボディの小ささからもなんだか頼りなさげに感じるのも仕方ありません。

ですが、実際にはしっかりと音作りができるマルチエフェクターです。

なぜなら、というか。

ここはもう見てもらったほうが早いです。

ここではB’zっぽい音をこのZOOM G1fourで実際に再現してみます

ZOOM G1fourのネガティブなポイントに悩んでいたあなた。

一度この記事を読んで、このエフェクターがお眼鏡に叶うか見てみてください。

ZOOM G1fourを軽く紹介

このページを見に来てくれている人で「そもそもG1fourってなに?」なんて人はいないと思います。

だがあえて!

お約束なので一度紹介させてください。

G1fourは、ZOOMから販売されているコンパクトサイズなエントリークラスのマルチエフェクターです。

往年の名機である”505”の継承モデルで、コンパクトながらもギターサウンドをマルチにこなせるのが特徴。

この機種は初心者にとって手の出しやすい価格で憧れのサウンドが出せて、音作りの勉強につながる教師。

そしてベテラン勢にとってはコスパ最高のおもちゃとして親しまれています。

いやー、僕も505持ってました。

むしろ初めてのエフェクターは505でしたね。

昔はプリセットの音なんてだめだとかいわれてましたが、最近では初期パッチもいい感じで作られていてすぐにほしい音が出せる。

それに弱点である操作性の悪さもパソコンと繋いで直感的に音作りなんかもできるので克服済み。

ZOOM Guitar lab

1ギタリストに1台あってもいいんじゃないでしょうか?

音出しならアンプにつなぐほうが好ましい

まず、ZOOM G1fourはLINE出力よりも、アンプに繋いだほうがいいです。

なぜなら、G1fourは最大で5つのエフェクトまでしか使用できず、その処理能力には限界があるからです。

まぁG1fourの唯一ともいえるネガポイントだし、知ってる人も多いよね。

それがなぜアンプ接続推奨かということですが、ZOOMG1fourの中にはアンプシミュレーターが入っています。

それがこのシミュレーターのアンプとキャビは、内部処理では別物のエフェクトとして扱われます。

つまりアンプシミュレーターとして使うと、2つのエフェクトスペースを使ってしまうのです。

ただでさえもっと余裕がほしいと思うのに、残りのエフェクトは3つになっちゃう。

もともとアンプとブースターぐらいのシンプルな演奏であればこれでも十分です。

けどマルチエフェクターとして多くを使いたいのであれば、このスペースの消費はなかなかに致命的。

ギターソロの音でリバーブとディレイを挟んだらもう終わりですからね。

あとキャビシミュはそんなに処理能力使わないとはいえ、負荷がかかれば限界もきやすい。

なので5つのエフェクトをバンバンに使えるとは限りません。

限界だとこんな表示が出る

なので、よほどの理由がない限りはアンプ使用前提で音を作ったほうが良いです。

まぁこの超コンパクトなボディにUSB電源で動かせる省電力。

それでいて豊富な内蔵エフェクトに高品位な音が作り出せる性能。

これぐらい弱点がないとハイエンドエフェクターが売れないよね。

ZOOMG1fourでB’zっぽい音を作る

では本題。

さんざんアンプ推奨とかいっときながら今回は、G1内蔵のアンプシミュレータをフル活用します。

というのも、僕の場合G1fourつかうときは、オレンジミニクラッシュ3ってアンプで音出してます。

でもみんな持ってるわけじゃない。

なので、スピーカーやイヤフォンなどできるだけ再現しやすい環境を作りたかったためです。

普段はGT-1000を使ってBIG MACHINE完コピ計画なんてこともしてます。

【弾いてみた】アラクレ/B'zコピー【BIG MACHINE完コピ計画】

ですから、それなりに狙って音は作れると思っていますよ。

ちなみに今回使った機材は

  • GIBSON TAKDC CUSTOM
  • ZOOM G1four

この2つをモニタースピーカーにぶっこんでます。

バッキング

まずはバッキング。

メインで使うことになるだろうディストーションサウンドはこんな感じです。

・DZ drv(アンプシミュ)

Bass 40

MID 85

Treble 65

PRSNC 30

Gain 38

Vol 22

Deep 0

MidCut 0

・GEQ7(グライコ)

100 0

200 0

400 0

800 5

1.6k 3

3.2k 10

6.4k 3

Vol 80

・CLONE CHO(コーラス)

Depth 2

Rate 20

Tone 50

Mix 40

・BGN12×4(キャビシミュ)

MIC on

D57:D421 50

Hi 65

Lo 38

イメージはスーパーラブソングのイントロあたり。

G1fourにはBOGNERのアンプシミュもあります。

が、DIESELのほうが歪みが細かくてそれっぽいサウンドになるのでこっち使ってます。

松本さんっぽい雰囲気を出すために、グライコで思いっきり4kHzあたりをあげちゃいましょう。

ちなみにコーラスは、愛のままにとか歪みのアルペジオなんかで使うようになんとなく入ってるだけです。

曲調に合わせてご使用ください。

カッティング

松本さんといえば、何といってもカッティング。

昔からカッティングに定評がありますから、ここを逃してはB’zファンがすたります。

ちなみに音のイメージはSPLASH!のカッティングの音です。

・Comp(コンプ)

Sense 5

Attck slow

Tone 6

Vol 80

・FDtwnr(プリアンプ)

Bass 45

MID 50

Treble 70

BRIGHT on

Gain 45

Vol 50

Depth 10

Speed 50

・Phaser(ふぇいざー)

Color 4stg

Depth 45

Rate 15

RESO 50

・BGN4×12(キャビ)

MIC on

D57:D421 50

Hi 65

Lo 38

アンプでアタックのときに軽く歪むようなクランチを再現して、フェイザーで動きをつけましょう。

コンプはカッティングのキレを出すために入れてます。

クリーントーン

要所要所に出てくる、大事なクリーントーン。

伸びやかというよりアタックの強い鈴なりの音を狙います。

音のイメージはTIMEのイントロ。

・OptComp(コンプ)

Drive 7

Lo 50

Hi 50

Vol 60

・CloneCho(コーラス)

Depth 2

Rate 20

Tone 50

Mix 40

・FD DLXR(プリアンプ)

Input NORMAL

Bass 45

Treble 65

Gain 25

Vol 70

Depth 10

Speed 50

・AnalogDly

Time 200

F・B 40

Mix 45

Tail Off

・FD-DX1×12

MIC on

D57:D421 50

Hi 60

Lo 50

EQ挟んでもうちょっと艶やかなクリーントーンにしたいところです。

が、クリーントーンにコーラスとディレイは必須。

なのでこのあたりでどうでしょう。

ギターソロ

松本さんのギターソロといえば、やはり特徴的なのは半ワウサウンドですよね。

でもこのG1fourってエフェクター。

そもそもワウペダルの設定がなく、半ワウはもちろんできません。

B’z弾いてみた界隈では代名詞となってるようなサウンドを再現できなきゃこの企画は終了です。

そこで!

力技の”パライコ二段重ね”でこれを再現します。

二重の極み!アッー!

・PARAEQ(パライコ)

FREQ 800

Q 8

Gain 12

Vol 80

・PARAEQ(パライコ)

FREQ 800

Q 6

Gain 12

Vol 80

・DZ drv

Bass 40

MID 90

Treble 65

PRSNC 40

Gain 40

Vol 65

Deep 0

MidCut 0

・ANALOGDely

Time 280

F・B 30

Mix 50

Tail off

・BGN12×4

MIC on

D57:D421 50

Hi 68

Lo 38

ホントは頭にコンプを入れて伸びやかな音を狙いたいところですが、5つまでしかエフェクトは選べないので、ここは妥協。

アンプ接続するときは頭にコンプを噛まして伸びやかな音を狙いたいですね。

結構雰囲気は出てるんじゃないでしょうか?

実際作った音で弾いてみた

というわけで作ってみた音で実際に弾いてみました。

ZOOM G1four でB'zトーン作ってみた

参考になりましたでしょうか。

ライブで使ったりするには踏み変えがかなり大変ですし、そのあたりの考察はまだなので、実用性は図れません。

が、自宅で遊びとして使う分には十分すぎる性能です。

ZOOM G1four。

面白そうだけどちょっと買うのには悩むなぁって人にも興味を持っていただければ幸いです。