【時間を作れ!】家事を時短するコツは掃除機をなくすこと

毎日仕事で疲れるから家のことが後回しになってるんだよね。
ゴミも貯まるし掃除ももうちょっとまめにしないといけないのにやばい。

でも家事する時間があるなら寝たい。
なんかいい方法ない?

 

タイムイズマネー!

webライターギタリストのシンジデス(@shinjiDOS)

 

在宅業務がメインである僕は、基本的に家事を担当しています。

掃除や洗濯、食器洗いなどほぼ毎日ですが、こんなところに時間を割いていては正直時間の無駄です。

 

1円にもならない家事は放棄して寝たいです。

 

とはいえ放棄すれば家は崩壊します。

ならば最低限の力で家事をしようではありませんか!

 

というわけで今回は家事を時短するコツをご紹介します。

 



めんどうな掃除を早く終わらせるコツ

家事の中でもとくに面倒なのが掃除系だと思います。

そんな掃除を手っ取り早く終わらせるために僕が使っているものをご紹介します。

 

・クイックルワイパー
・ドラム式洗濯機
・バスボン
・超強力トイレクリーナー

 

掃除にはクイックルワイパー一択

フロア掃除を時短するには掃除機でもルンバでもありません。

 

クイックルワイパー一択です。

 

掃除機より確実にゴミを取り、ルンバのようにどこかで息絶えることもありません。

狭いところも細いところも一発でホコリを取ってくれます。

何ならウエットシートと組み合わせれば濡れ拭きも可能です。

 

 

確かに掃除機は便利です。

掃除のたびにゴミを捨てるためにカップを外してゴミ箱に入れないといけないし、意外とチリが飛んで嫌です。

 

一番だるいのは掃除のヘッドには毛が絡んで定期的に掃除しなくてはならないことです

 

掃除機をかけるときに気づいても、めんどくさくて「次でいいや」って思いがちです。

そしてそのうちヘッドは動かなくなって、

 

壊れます。

 

ちなみにうちのダイソンのヘッドはそれで死にました。

 

クイックルはメンテナンスなんていりません。

掃除が終わればそのままゴミ箱です。

 

 

洗濯にはドラム式洗濯機一択

洗濯で面倒なのは服を色分けすることでもなく、洗剤を入れることでもありません。

 

干すことです。

 

縦型の洗濯機は汚れ落ちはたしかに良いです。

ただ乾燥はほぼできず、わざわざ干す手間がかかります。

 

結局洗濯機が終わるまでの待ち時間も含め、非常に無駄な時間です。

 

ただドラム式洗濯機であれば、スイッチひとつで洗濯から乾燥まで全てを終わらせてくれることが可能です。

 

うちは寝る前に洗濯機に入れて、スイッチ押したら朝には洗濯が終わってるんです。

 

洗濯にやりがいを覚えている人や汚れ落ちが最優先の人は縦型がよいでしょう。

 

そうでない人はドラム式洗濯機は現代人のマスト用品。

もう洗濯を干すという無駄な時間はやめましょう。

 

ドラム式洗濯機は僕にはこだわりがありますから、また詳しくお話しします。

 

風呂掃除はバスボンで

僕が究極に嫌いなのが風呂の掃除です。

風呂掃除好きな人っています?

 

あれって足元濡れるから寒いし、なぜか全身ずぶ濡れになりながら掃除することになりがちです。

なんでこんなに面倒なのでしょうか。

 

よく風呂に入ってる最中にすると良いと言いますが、洗剤が飛び散って吸い込んで嫌だし、かといって風呂上がりに掃除するのは寒いし嫌ですよ。

 

正直だ言っきらいです。

 

しかしバスボンがあれば簡単です。

バスボンがあればまいどまいど洗剤を巻く必要もありません。

風呂の上がり際に湯船やフロアをバスボンでゴシゴシと磨くだけで終わります。

 

週1ぐらいでバスボンの後に防カビタイプのバスマジックリンをまいておけば、撥水効果もあって完璧です。

 

 

トイレ掃除は超強力トイレクリーナーとトイレシート

トイレ掃除自体はそれほど嫌ではないんですけどね。

でもブラシが同じ空間にあることがとても嫌です。

 

なんか濡れてるし、雑菌とかヤバそうじゃないですか?

 

そんな僕が最近とても助かっているのが、超強力トイレクリーナーです。

 

トイレの掃除のとき。

まずは超強力トイレクリーナーをトイレの縁にクリーナーをドバッと振りかければ便器の掃除は完了。

そのあとトイレシートで便座部分や床を拭き掃除して、終わったら一緒に流せばトイレ掃除は終わりです。

 

これであの気持ちの悪いトイレブラシはトイレに置いておく必要はなくなります。

不潔なブラシや専用の洗剤を置いておく必要もないですし、衛生的にも気持ちがいいです。

 

 

ものを減らせば家事は減る

家事を楽にするグッズってたくさんありますよね。

 

掃除機に始まりや空気清浄機、最近ではバスタブのザラつきを落とすバスタブクレンジングとか。

 

でも実は、そんなものたちがあなたの家事の時間を食っています

 

物が置いてあるということは、掃除の際にはそれをどかす必要がありますし、置いとくだけでホコリを払う必要が出ますし、なんならメンテナンスが必要です。

 

その上で、わざわざそれ専用の用途にしか使えないのです。

 

バスタブクレンジングすごく便利だと思いましたが、湯船のザラザラにしか使えないし、なんなら蓄積してきたらきれいに取れません。

無意味でした。

掃除の便利グッズは、専用のものであったりメンテナンスが面倒だったりと、場所や手間を食うものがあります。

 

そういったものは無駄ですので、使うのをやめましょう。

 



家事を最小限のルーティンにしてしまおう

掃除がめんどくさくなる原因は溜め込むことです。

 

汚れは蓄積すればするほど簡単には落ちなくなります。

「汚い。。。」と気づいたときにはかなり手強いです。

 

しかし毎日すれば問題ありません。

でもそれが面倒です。

 

それを解決するには、日々のルーティンに掃除を入れてしまうことです。

 

朝起きて歯磨きしたらフロアをクイックルで掃除。

そして夜寝る前に手拭きのタオルで洗面台の鏡を拭いて、そのまま洗濯機へポン。

 

後は乾燥モードで全て終わらせてくれます。

トイレの掃除は週1ぐらいで十分です。

 

家事が面倒なのは、ピカピカにしようという気遣いです。

 

正直掃除に関しては完璧なんてものはありません。

自分がきれいと感じられるかどうかです。

それを保てるようなルーティンを生活の中に組み込んで、毎日簡単な家事を続けていきましょう。

 

ソファは断舎離しても大丈夫?ミニマリストじゃなくても捨てるべき!

【もう作らない】夜のスーパーなら安くてかんたんにおかずを用意できる!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です