HSPで疲れやすいのだと気づいたら、ミニマリストになってノイズキャンセルしよう

  • 他人の話してる言葉が気になって仕事に集中できない。
  • 頼まれると、断ると嫌われる気がして断れない。
  • 大きな音が苦手。

そんな悩みを抱えているあなた。

もしかすると僕と同じHSPの気質があるかもしれません。

HSPなんて難しい単語を並べるとなんだか病気のような気がして怖くなりますが、全く違います。

わかりやすく言えば「太りやすい体質や痩せやすい体質の人がいるようなもの」です。

HSPの場合、普通の人より周りの環境に過敏に反応しやすい人というだけです

デブだから病気だとは言いませんよね。

しかし太りやすい体質ならば太りにくいように食事制限や普段の生活を調整するように、HSP気質なのであれば、それに対応した対策をすることが大事です。

ただHSPの場合は太りやすい体質のように目に見えるものではないので、周囲の人間はもちろんのこと本人ですらなかなか気づきにくいです。

そして気がついたら我慢に我慢を重ねて追い込まれている場合があります。

今回はその疲れやすい体質を改善するために、ミニマリスト化をおすすめするというお話です。

HSPはノイズに過敏です

HSPは自分でも無意識のうちに色んなものに反応してしまうので、脳みそが疲れてしまいやすいです。

どうやら脳の中でも不安を感じさせる扁桃体(へんとうたい)という部分の働きが強いようで、不安や恐怖を感じやすくなっています。

なので小さなことや相手の表情などからもそういった不安などを感じやすく、それが原因で疲労感やストレスをためやすく、鬱病などにも繋がります。

僕の場合はこんなことをよく考えます。

  • 色の合わないカーテン、なんとかしたい
  • ごみがいっぱいだ
  • あれ?ガスの元栓締めたっけ?
  • ヘアアイロンの電源入れっぱなしかも、、、

何を気にしてるんだと思う人もいるでしょうけど、結構不安なのですよ。

HSP気質の人は5人に1人の割合と言われています。逆に言えば人工の8割はこういったことが理解しにくいので、生きづらいのです。

見えない問題の上に理解者が少ない。

もともと周囲に嫌われないように合わせがちなHSP気質の人は、そこで無理に周りに合わせようとするので脳みそが疲れてしまい、生きていくのが辛くなるのです。

ミニマリストで普段からノイズを減らそう

とても疲れやすいのはHSP気質だったからなんだ

そう気づけたのであれば、後は対策をするだけ。

そこでおすすめなのがミニマリストになることです

HSPで大事なのはノイズをいかにして減らすかです

人によって受ける度合いは違いますが、HSP気質の人は普通の人が受ける情報より、多くのものが入ってきます。

まずはこれらを制限しなければ疲れやすい体質を改善できません。

ただ難しいのはノイズは意識はするものの、意外と受け流してしまうものが多いです

そこで一例として僕がノイズとして受けやすいものを上げてみます。

  • ごちゃごちゃした部屋
  • 周囲の騒音
  • 管理するものが多すぎる現状
  • 断れなかった仕事

ぶっちゃけこれら全部ノイズです。

色彩のおかしいごちゃごちゃした部屋、電車の中の話し声、何本もあるギター、上司から頼まれたキャパ超えの仕事。

こんな環境はとてもじゃないですがしんどいです。

そこでまずノイズをへらすために自分の住む環境をミニマリストしました

僕の持ち物の8割はこの5.2畳の部屋にあります。

残りの2割は処分待ちのものや冷蔵庫などの共有物で、リビングに置いてあります。

人は、持ち物の2割で生活していると言われるほど、使わないものを多く所有しています。

それなのにものを維持管理するために多くのストレスと時間とお金を消費しています。

僕の大好きなギターも定期的に磨いて弦を替えなければいけません。

車も所有するだけでなく定期的にメンテナンスが必要。

クローゼットの奥には着ないのに眠っていて場所をとる服ばかり。

これらを見かけるたびに

どうにかしないといけないなぁ

なんて考えてしまうのです。

この、「どうにかしないといけない→うん、今忙しいから後にしよう」

とただ思うだけですが、これがノイズとなり人のエネルギーを奪います。

人は1日に35,000回もの決断を繰り返します。

こちらのページで詳しく解説してる上、論文なども乗ってるので気になる人は見てみてください。

決断をするということはどんなことでも疲れます。

HSP気質の場合は普通の人に比べてノイズが多いので、いらない決断が多くなるわけです。

気がつく頃には疲弊して気力がなくなります。

なのでまずは環境のミニマリズム化をすべきなのです

男の僕がミニマリストを目指して断舎離していった方法

ノイズを減らすのにおすすめなこと

持ち物を最小化することで、ものの管理やごちゃごちゃした視界のノイズを減らしましたが、その他におすすめなのは色の最小化です

あなたの部屋の中には何色あるでしょうか。

  • スマホの色
  • パソコンの色
  • テレビの色
  • テーブルの色
  • 壁の色

実は色も人によっては視覚のノイズになります。

まぁノイズになるというのもありますが、ごちゃごちゃと色が多すぎると、それだけで貧乏くさくもなります。

もちろんセンスがあってちゃんとバランスを考えて作られている部屋というのはとても魅力的です。

こだわっている人はそれでいいと思います。

ただあまりコダワリがない人が適当にものを揃えていくと、部屋の中はすごく色合いの悪い部屋に仕上がります

そこでおすすめなのが、部屋のカラーを3色に決めることです

とはいっても壁とフロアで2色も使ってしまっているので、正直難しい部分はありますが、その2色である程度部屋を飾ってしまうと、とても落ち着く空間ができます。

僕の場合は先程の画像を見てもらえば分かる通り極力色を減らしており、床のブラウンと壁の白を基準色として色を揃えています。

もうちょっと調節はできそうだとは思いますが、僕は非常に落ち着いて執筆や作曲ができます。

この壁とフロアの2色に揃えてしまうことができれば、多少の色味が違うものが出てきてもアクセントとして扱えるでしょう。

僕の部屋もいくら統一しようともギターのカラフルさやスマホのケースなど、色は自然と増えてしまいます。

このごちゃっとした色味でさえノイズになってしまいますから、3色とは言いつつも2色で収まるように揃えることをおすすめします。

まとめます。

  • HSPはノイズに弱い、というか疲れやすい。
  • そのノイズを減らすことが一番重要
  • ミニマリスト化でノイズはかなり減る
  • 色の力も考えよう。

HSPで疲れやすい体質の人こそ、ミニマリスト化して日常生活のノイズを減らすことをおすすめします。

CDはデータ化してから断捨離すべき3つの理由

ミニマリストを参考にした断捨離のコツ【本棚なくなりました】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です