車は乗り潰したほうが節約になるけど、つまらないよね。

ソフィ

車って古くなると故障とかどんどん増えてくるにゃ。

タイヤとかも定期的に買えないといけない。

そう考えると車両価値がある間に新車にどんどん乗り換えたほうがお得だったりするのかにゃ?

結局車って乗り潰すのと乗り換えるのどっちのほうが節約になるの?

車の論争で言われる一つ。

車は乗りつぶしたほうが良いのか乗り換え続けたほうが良いのか論争。

こういう考えを持つ人はぜひ経済効果を考えて乗り換え続けてくれたほうが良いです。

そして僕らのような人間に良質な中古車を回していただければ幸いです。

といってしまうと元も子もないですね。

では実際のところ車は乗りつぶしたほうが良いのか新車で定期的に買えたほうが良いのか論争。

これをここで一区切りつけたいと思います。

とはいってもぶっちゃけ壊れるまで乗りつぶしたほうが節約になるのは当然です。

基本的には車は長く乗ったほうが節約になる

まず結論からお話すると、車は長く乗れば乗るほど節約になります。

車は一般的に10年ぐらいで価値が0になると言われています。

そして新車の乗り換えの周期は、最近では約9年となっています。

だいぶ伸びましたね。

というわけで今回は区切りよく、10年車に乗り続けることを目安に計算していきます。

10年で計算してみる

では車を10年使うことを考えてみます。

  • 車両価格250万
  • 税金・オプション(ナビやスタッドレスなど)・手数料含めて300万
  • 5年後の下取り価格を100万円
  • 車検は一回10万円

上記のような設計で行きます。

新車を5年で乗り換える場合

5年で乗り換える時にかかる費用はこちらです。

  • 新車乗り換えで300万円が2回
  • 下取り価格で100万円が2回
  • 車検の回数は3年時に一回だけなので、10万円×2回

というわけで5年乗り換えでいくと10年で420万円ほどになります。

年間で42万円ですね。

乗りつぶした場合はどうか

では10年ですが、乗り潰しということで考えてみます。

  • 車両購入費用が300万円
  • 車検の回数は3・5・7・9の4回なので、各10万円で40万円。
  • 車はおおよそ5年を目安に、バッテリーとタイヤは新品にリフレッシュが必要。
  • となるとタイヤが各10万円、バッテリーが5万円で合わせて25万円。
  • ナビも古くなるので書き換えを行えば3万円ほど(ただし最近のディーラーナビは5年目の更新無料のところ多いです)

これらを合わせると、10年間で368万円

年間で約37万円ですね。

もちろん5年で100万円で下取りできる車は、10年後にも下取り可能でしょう。

10年経った車は基本的に底値ですから、1割程度の25万円ほどを考えておきます。

そうすると10年間でかかったお金は343万円ほどになります

単純に乗り換えの価格や車検や消耗品と言った観点から、新車乗り換えと10年乗り続けを比較した結果、およそ80万円の節約になるわけです。

その他に、保険や燃費などと言った付加される部分もあります。

新車の場合

下取りをそれなりに高くとって貰うことを考えると事故のリスクはしっかり備えておく必要がありますから、任意保険の車両保険も必須となり、保険料が割高になる傾向が強いです。

ただ価格が高い一面だけでなく、新車は燃費が良くなる傾向がありますから燃料代が多少安くなるでしょう。

それに乗り換え前提ですから車検の整備などは割り切っていいです。

それに購入時の税金の軽減を受けられることも多いです。

乗り潰す側の利点

たしかに10年も乗ると壊れる可能性がありますが、基本的に日本車は車の根幹部分においてほぼ壊れません。

それに乗りつぶし前提なので、壊れたら替えればいいので新車のしばらくの間ぐらいしか車両保険も必要ないですね。

そう考えると80万円という差額を埋められるほどのものはありません。

しかし10年で80万円ですから、年間で8万円です。

車の技術は日進月歩で、新しくなればなるほど安全性や燃費は高くなり、リスクに備えられるようになります。

そう考えると年間8万円程度は保険として考えて、乗り潰すよりも乗り換えたほうが精神的に良いかもしれませんね。

今回は10年での乗り換え前提で比較しました。

新車の乗り換えを続けていく場合は、またここから300万円の追加費用が必要になります。

乗り潰すのであればその都度のリフレッシュは必要になるかもしれませんが、10年目以降は壊れるまで乗ります。

となると車両の価格はさらに均等割りされるので、さらに安くなっていきます。

乗り潰すのと同じくらいで新車に乗る方法を考える

車は乗りつぶしたほうが節約になる。

とはいったものの、ぶっちゃけ今更こんな化石のような結論を出したところで誰も得しませんね。

というわけで今回は乗り潰すのと変わらないぐらいの価格で新車に乗り続ける方法を考えましょう。

結果としては、差額である80万円を埋められれば良いわけです。

その時にできることは以下の3つ。

  • 市場の人気車に乗る
  • 高い買取業者を味方につける
  • 格安リースを使う

ではこれらを見ていきます。

市場の人気車に乗る

新車の乗り継ぎで第一に欠かせないのが、市場で人気のある車に乗ることです。

それこそ人気があればあるほど良いです。

例えばスズキのジムニー。

こちらは2020年現在、発売から1年以上経つというのに納車まで1年以上かかります。

そのため全く値落ちしません。

むしろ中古車ディーラーではすぐに入手できるとあって、プレミア価格で売られているくらいです。

その他ワールドワイドにみて行くと、ハリアーやヴェルファイアのような海外需要のある車も強いです。

このあたりになると海外の税制や需要も関係してくるため、手放すタイミングや車の装備などがかなりシビアになってきます。

そのかわり2、3年のっても新車と同じ価格、むしろ高い値段で手放すことができる場合があります。

ある意味投資みたいなもので、これで車を次々乗り換えている人もいるくらいです。

道端にこれらの車が多いのはこういった理由があるのですね。

ただ海外需要とは別に、普通に5年間乗ったとしても6割近い価格で買取してくれる場合もあります。

では逆に、人気のない車はどうなのか。

僕の経験上、極端だったのが電気自動車のリーフです。

最初のリーフは、電気自動車の黎明期に作られた車ということもあって、将来が非常に不安。

そのため初期型のリーフは、残価設定クレジットの5年後の残価設定が車両価格の16%ほどでした。

車両価格は400万円なのに、5年後には60万円もないんです。

恐ろしいのは、これは日産の下取り率計算なので贔屓目に見てこの価格だということです。

普通の中古車市場ではもっとひどかったでしょう。

方や300万円の人気車両で5年後でも150万円で引き取られる車。

方や400万円なのに不人気車両だからと言うわけで60万円にしかならない車。

乗り継ぎを考えている場合、どちらに乗るべきかは火を見るより明らかです。

高い買取業者を味方につける

人気車両かどうかだけでも80万円の差額は埋められそうですが、まだまだ油断はできません。

次に買取業者を味方につけましょう。

車を引き渡すのは当然ですが下取りだけではありません。

はっきりいうとディーラーの下取り価格は低い場合が多いです。

もう一度言います。

低い場合が多いです。

なので買取業者に相談することは非常に重要です。

そのために必要なのが複数の業者に一斉に依頼できる買取依頼サイトです。

まぁ車ブログのよくある宣伝文句です。

ここで実際に僕が経験した話をしますね。

僕がディーラーで営業をやってた頃、あるお客さんから

まゆー

車を買い取って!

と頼まれました。

車種は当時から非常に人気の高かったT31型エクストレイルです。

引用:カーセンサー

この車は、お年寄りが乗っていたので走行距離は少ない。

さらにいつもうちの日産で整備してたので状態はお墨付き!

なのに実際に僕が査定をしたら、なんともまぁマイナス項目が多い

残念なのが下取りではなく”買取”というだけで1割減点されるんですよ。

これには笑いました。

結局下取りでは100万円、買取の場合は80万円ほどになりました。

これはあんまりですよ。

なのでお客さんに

慎二

買取業者に頼んだほうが良いですよ

て言ったんですね。

そしたら

まゆー

あんたに任せるから一番いい方法で売ってきて

と言われたわけですよ。

まじかよ。。。

非常に面倒ですけど、なかなかこんな経験はなく、面白そうだったので引き受けました。

その時に使ったのがネット上の一括査定サイトです。

テキトーに選んだサイトで車両情報を入力した瞬間からバンバン電話がなるなる。

これはまためんどくせぇ。

もちろん人気の高いエクストレイルだからこそ直後にバンバン来るわけです。

結局5社ぐらいきたかな?

ただお客さんに頼まれたとはいえ、人の車を運転してどこでも回るわけにはいきません。

そこで「現地まで査定に来てくれる業者」に絞ったところ、2社だけになりました。

なんと言ってもここは石川県のど田舎。

街まで出れるなら話は別ですが、しょうけどしょうがありません。

ちなみにその時来てくれた業者は、ビッ○モーター(当時はハナ○ン)とカー○ブン。

そして僕もいちいち業者の査定時間を待ち続けるのは面倒ですから、同じ時間に同時に査定に来でもらいました。

もちろんこんなとこまで来たので、どっちも買取に本気

そこで僕に提案してきたのが、

「2社で一発で勝負するんで、ソレで決めてください。」

という話でした。

僕としては正直いくらになろうが知ったこっちゃない。

ただ日産の査定より高くなればそれでいいんです。

慎二

それでいいですよ

お客さんの車ですけど、そのへんは一任されたしいいでしょう。

そして待つこと20分ぐらい。

2社揃い組で一発勝負!

値段をはっきりとは覚えてないですが、確かビッ○モーター150万円、カーセ○ン130万円で出してきて、決したはず。

一発勝負ですからね。

負けた方はすごすごと退散していきました。

まぁここで言いたいことは、いくつかの業者と競合させた方が良いということ。

どちらも商品はほしいので、競合がいる場合は高くなりやすいわけです。

とくに人気の高い車は商品になりやすいからどのディーラーも躍起です。

というわけで、高く買い取るなら一括査定はしておいたほうが良いです。

あとこの時大事なのが、査定の前にこちらの条件は話しておくことです。

特に「いつ手放すのか」は話しておかなければなりません。

ソフィ

今すぐもらえないんだったら値段下がります

とか平気で言ってきやがりますので注意です。

すぐに欲しい場合は代車の用意をしておいてほしい、ぐらい言って良いんじゃないですか。

さて、ここまで買取業者の話をしましたが、ディーラーの下取りが必ず低いわけではないです。

特に古い車や過走行車の場合は、ディーラーの下取りを確認しておきましょう。

最近ではディーラーも中古車の利益率に目をつけ、下取り率を上げるために躍起になっています。

なので交渉によっては買取業者よりも高い場合があるのです。

なんと言っても僕自身が○ッグモーターよりも高く買い取ったことがあるので事実です。

格安リースを使う

先程の上記2つを心がけることで、十分乗りつぶしよりも乗り換えのほうがお得になる可能性が高まります。

ただせっかく新車に次々乗りたいのに、乗る車に縛られたり買取業者に狂ったように回るのも面倒という人もいるでしょう。

そういった場合は個人リースをするのもありです。

カーリースは基本的に業者の儲けなどがかかりますから、借り主がお得になることはないという話は一度しました。

ですが乗り継ぎをするにあたって、個人カーリースは以下の3つが魅力です。

  • 好きな車に乗れる
  • 車に時間が取られない
  • 税金とか面倒事がない

まずは好きな車に乗れる理由。

リース会社は基本的に業者と提携していて、大量仕入れを約束に非常に安い値段で車を仕入れています。

それはもう当然ですが、個人で交渉するよりも安値で購入しています

そこからリース料などを計算するのですが、残価を見越しているので含まれる車両価格が安かったりします。

中途半端な交渉で安く車を買えなかったり、下取り車の買取のために右往左往しなくても適正価格で運用してくれる

ここが1つ目の強みです。

次に車のことに時間が取られないというのも大きな魅力です。

車は購入する際にもその後にも、税金やメンテナンス、乗り換えなど面倒なことの時間コストがかかります。

車を買うときってグレードやオプションなどディーラーマンとの話し合います。

そして値引きの交渉、下取りの話や納車のタイミングとか諸々。

やっと乗り始めても購入後のメンテナンスや税金の支払い。

さらには車検の時にかかる追加費用など、車にかかる予算を常に計算して家計に入れておく必要があります。

そして止めに高く買い取ってもらうための業者周り。

これらのようなことで大事な時間をどんどん奪われます

それがリースであれば自宅ですべてが完結できます。

例えば大手損保会社の損保ジャパンが運用する車のサブスク【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】

リース価格が安いと評判ですし、その気になれば損保会社らしく任意保険もコミコミで契約してくれるので、本当に楽です。

金額も重要だけど、時間や手間もかけずに車を乗り換えていきたいという人は、個人リースをやってみるのも良いでしょう。

あとリースは代金の中に手数料が入っていますが、車をローンで買うことを考えるならリースのほうが安かったりします。

ディーラーマン時代、新車営業だったので常に新車に乗らねばならず無理やりリース契約を組まされていました。

でもローンで車を買って乗り換えるよりも結果的にそっちのほうがお得でした。

車にお金をかけてもなんにもならないことを知る

さて、10年で車を乗り換えるのにオトクな方法ということで今回は色々お話してきました。

ただ”どっちがお得かどうか”なんて考えてるあなたに、この言葉をお話します。

車にお金をかけてもなんにもなりません

例えば男の子なら憧れる、ハイパワーな車がほしい

スーパーカーといえばフェラーリは速くて美しく、日産GT-Rは日本の量産型スポーツカーの最高峰。

しかし現実にはフェラーリもGT-Rもサーキットでなければどこでそんなパワーを使うんでしょうか。

国内道路の最高速度は一部区間を除いて100km/h。

そんな速度で走ると燃費は悪いし乗り心地は悪い。ワゴンRのほうが乗り心地良いんじゃないかな。

子供ができたらミニバンというのもマーケッターが作った幻想です。

セダンでもハッチバックでも最近の車は居住性抜群。

それに車は内側からドアが開けられないようにチャイルドロックがついていますし、子供はチャイルドシートに乗るわけです。

まともに運用していれば運転中に車から飛び出すとかドアパンチなんておきません。

ここで問いてみてください。

あなたが欲しい車は本当に貴方が心からほしいと思ったものなのかどうか。

車は家族や自分を幸せにする手段の一つで、目的ではありません。

車は家族を幸せにしてくれるわけでも、お金を変わりに稼いでくれるわけでもありません。

つまるところ、車にお金をかけてもなんにもならないのです

というわけでまとめます。

  • 車は乗りつぶしが一番お金がかからない
  • お得に乗り換えたいなら市場価値の高い車と買取業者の競合!
  • 手間なく乗り換えたいなら個人リース最強
  • でも車って道具ですから別のところにお金かけたらどう?

僕は今ある一台の車を、大事に乗り続けようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です