【車、手放せる?】車を手放して節約できる人と地獄に落ちる人の違い

[st-kaiwa2]いろいろ車の節約を考えてたけど、結局車を手放すのが一番だってよく聞く。

確かにガソリン代や保険、洗車だってめんどくさいけど車手放せば全部がスッキリ!

それでいて年間50万円近く浮くって考えたら持ってる意味なくない?

でもいざとなったら手放せる気がしない。[/st-kaiwa2]

世間一般では車は金食い虫と言われていますから、手放せば節約になるという記事を見かけます。

それをみて「私も車を手放して節約してみよう!」と思うこともあるでしょう。

実際車は修理が一つでもあれば莫大お金が飛んでいきますし保険も必要、なんと言ってもガソリン税や車検など未だに国としても車は贅沢品として税金を高めに設定しているのですから、車は金食い虫だと言われても仕方がないのです

でも現実を見るとそんな事できる人もいれば、絶対にできない人もいるのが当然。

ここでは車を手放す際のメリットやデメリット、そして手放すべき判断基準を設けたいと思います。



車を手放すと年間50万円ぐらい節約できます

まず車を手放すことでどれくらいの費用が浮いてくるのでしょうか?

以前まとめた「車の維持費って年間でどれぐらい?維持費を抑える7つのコツ」より一般的な2000ccの車で計算してみます。

 

費用 1年間
自動車税 ¥39,500/年 ¥39,500
重量税 ¥32,800/2年 ¥16,400
自賠責保険 ¥21,550/24ヶ月 ¥10,775
任意保険(フルカバー) ¥72,000/年 ¥72,000
車検整備費用 ¥36,000/2年 ¥18,000
点検費用 ¥20,000/2年 ¥10,000
燃料代(12,000km) ¥104,000/年(15km/l) ¥104,000
駐車料金 ¥20,000/月 ¥240,000
合計 ¥510,675

 

この表にある通り、年間で51万円もの費用が浮いてきます。

もし駐車場代がかからない場合は24万円が必要ないですから27万円です。

ここには載せてませんが、別途車両の購入費用なども入ってきます。

例えば300万円の車を10年使うこと考えると年間30万円です。

つまるところ年間57万円から81万円もの費用が車に乗らないことで浮いてくるわけです

パート・アルバイトなどで税金を気にしながら働いている人の年収ぐらいは飛んでいってるわけです。

 

車を手放すメリット・デメリット

車を手放すと最大80万円もの費用が浮いてくるわけですが、ソレに伴うメリットデメリットを見ていきましょう。

 

メリット

車を手放した時に得られるメリットはこちらです。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

・お金が浮く

・面倒が減る

・事故の加害者にならない

・お酒が飲める

[/st-mybox]

一つずつ見ていきます。

 

お金が浮く

単純にお金が浮きます

とはいえ実際には代替交通として電車やバス、自転車やバイクなどといった費用がかかってくるでしょうから単純には比較できません。

例えば僕の実家である石川の田舎の方に住んでる場合を想定して、通勤のために公共交通を使うことを考えると以下のとおりです。

電車に乗るためにバスで駅まで片道330円。

電車で通勤の最寄り駅まで430円。

片道760円、つまり往復で1,520円。

これを20日間続けたとして一月30,400円です。

てことは12ヶ月で年間364,800円です。

ここに買い物へ行ったりすることを考えると、もうちょっと費用がかかりますか。

僕の実家のような環境でもこれぐらいですから、ほとんどの場合は車に乗るよりもお金がかからない場合が多いでしょう。

 

面倒が減る

車の面倒とは税金の支払いやガソリンをいれに行く行為、さらには車検点検などのメンテナンスなど、実は車に関して必要なものは多いです。

それに月1ぐらいで洗車をしないと汚れもこびりついて汚くてみすぼらしくなりますね。

こういった面倒が減る、つまり時間コストも減るわけですから、在宅ワークなどでほとんど車に乗らない人は、車を手放すメリットは大きいでしょう。

 

事故の加害者にならない

車を手放すメリットで大きなものの一つが、この事故の加害者にならないことです

車は20歳から運転できるわけですが、50歳になるまで運転して事故に合う確率は25%ほどと言われています。

つまり4人に一人は事故を起こすということです

これが80歳とかになってくると35%と3人に一人は事故にあうわけです。

僕自身も15年ほど運転してますが、事故にはすでに3回ぐらいあってます。

運良く人身事故的なものはないですが、それでも加害者になる可能性は拭いきれません。

そういった精神的な苦しみを産まないという意味でも、車を手放すメリットはありそうです

 

酒が飲める

世界的に飲酒運転に対する規制が強まる中、今でもやってる人はいるのでしょうか?

公共交通機関やタクシーであれば飲み会のあとでも普通に帰ることができます。

僕も旅行など車の心配もなく飲めるときは非常に幸せな気分です。

お酒が好きな人は、あえて車を止めるのもありかもしれません。

 

デメリット

では逆にデメリットはどんな物があるでしょうか?

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

・公共交通機関に依存する

・行動範囲が狭まる

[/st-mybox]

意外と少ないですが、実は根深いものです。

 

公共交通機関に依存する

一番大きなデメリットは、公共交通に依存してしまうことです。

終電以降の夜の仕事が多い人にとって朝まで動けないとか、仕事を何時までに終わらせないと帰れなというのが大きなストレスになります。

近くに年中無休のレストランがあったり終電が遅いような地域では、たまにこういった事が起こっても我慢できるでしょうが、田舎で生活している身としてはとても大変な部分です。

うちは電車が1時間に一本、バスが半日に一本しかないような地域です。

もしそれらを乗り過ごした場合もう移動のしようがありません。

それに半日に一本しか無いバスです。

何時まで動いているでしょうか、、、

車がない生活は、公共交通がどれだけ発達しているかによって、完全に行動が制限されてしまいます

 

行動範囲が狭まる

むずかしいのは、公共交通が通っていない場所も多々あるということです。

例えば僕の場合、ちょっと親戚の家までいきたいなと思った時に車で移動する以外に手段がないのです

田舎で生活している場合は、目的の場所があってもそこまで公共交通ではたどり着けない場合が多々あります。

タクシーを使えばいいとも思いますが、やはり良いお値段しますし、それくらいなら車を持ったほうが楽です。

田舎で車がないということは、かなり行動に制限が入ってしまうということなのです。

その他には大きな荷物が詰めないなどという問題もありますが、現代では通販もありますし宅急便という手もあります。

 

車を持つかどうかは、車が金を生むかどうかできめる

ではこれらのメリットデメリットもふまえて、車を手放しても大丈夫かどうかはどう判断すれば良いのでしょうか。

わかりやすく基準を提示すると、その使っている車がお金を生んでいるかどうかで判断するべきでしょう。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

・通勤

・業務車両

[/st-mybox]

このようにお金を作るのに直結しているのであれば、車がなくてはお話になりませんね。

逆に言えばそうでなければ、ある程度の不便さを我慢すれば公共交通やタクシーなどの利用でなんとかなるでしょう。

そのほかにもバイクとか原付きのような代替交通を使えば費用も格安です。

仕事でなければ天気の悪い日にわざわざ出かける必要もないでしょうから、二輪でも良いでしょう。

とはいえ先ほどお話した通り公共交通に依存することになりますから、それらがどんどん廃止されていく現状の田舎に住む現実を考えると、車なしという手段は地獄を見ます。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

・電車は1時間に一本

・駅に向かうまでにバスが必要

・しかし田舎はバスが半日に一本しかない

・買い物しようとでかけても、徒歩1時間・自転車で30分ほどは走る

・もちろん途中で休めるような場所はなし

[/st-mybox]

そう、これは妻がまだ家へ来たばっかりの頃。

歩くのが好きだからと言って最寄りのイオンまで歩いたときの話です。

家からイオンまで、徒歩で片道1時間の距離

一面田んぼで視界にほとんど変化がなく、道がわからなくなる

途中で変な虫の大群に襲われる

もはやこうなると車がないのはストレスというかサバイバルです。

まさに行き倒れ寸前でした。

毎日狩猟と採集で食料調達し、会社にも行かないという文明から離れるという選択肢をとれば車はやめれるでしょう。

結局の所、車の必要ない街なかに住めば結局家賃が高く、田舎に住めば車がなければ孤立して死ぬ。

しっかり自分のおかれている現状を正しく判断し、その上で迷った場合に車がお金を生むかどうかを判断材料にするしかありません。



手軽に節約するなら保険の見直しが早い

ここまで車を手放すことでできる節約についてお話してきました。

節約できるお金は人によりますが、50万円から80万円ものお金が不要になります。

しかし闇雲に手放してしまうと貴方の生活は一変して地獄の所業へとなってしまいます

そしてどう考えても車を手放す節約は現実的ではないあなた。

一番手軽にできる節約は保険の見直しです

やはり未だに保険は対面じゃなければ信用できないという人も多いですが、これだけネットワークが発達し、スマホのボタン一つでレスキューが要請できる時代に過剰な保険はお金のムダです

現在、保険はお金になると目をつけたたくさんの会社が参入し、切磋琢磨して競争しているのが現在の自動車保険。

これだけ保険が重視される時代ですから内容もほぼ似たりよったりで、特にどこが優位性があるというわけではありません。

なので保険切替のタイミングなどで、こちらの保険一括見積もりで見積もりして、一番安いところに入ると大きな節約ができます。

ちなみにここで見積もりをしたところ、メールや郵送物は確かに届きます。

それでも不要な電話はきませんでした。

電話嫌いな僕としては非常に助かりますね。

[st-mybutton url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TREYL+FNTINM+2PS+15RK36″ rel=”nofollow”
” title=”詳しくはコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on” beacon=””]

あとは来るタイミングで、保険会社を乗り換えるだけで保険料が節約できます。

もし東京海上とか損保ジャパンみたいな、高い保険会社に入っている人は、一度試してみると良いでしょう。

【うわ、私の車の保険高すぎ。。。】車の保険を見直せば維持費は安くなるのか?

 

というわけで今回をまとめます。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

自動車を止めることで50万円から80万円ほど節約が可能。

車を止めるかどうかの基準は、通勤や業務で車がお金を生むかどうかが重要。

ただし公共交通が瀕死の田舎で車を止めると死ねます。

車のお金を節約するには、保険の見直しが便利。

[/st-mybox]

もし車を手放せそうだと思う場合は、思い切って手放してみるのもありです。

車がない生活をすると、意外と身近にあるものに感動を覚える人も多いものです。

 

車は二台持ちで節約になる?それより足車+レンタカーが最強!

【田舎は車が必須】車にかかるお金を節約する方法7選



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です