【簡単?】30プリウスにシートヒーターをDIYで後付けする方法

ソフィ

うちの車。

燃費がいいのは嬉しいんだけど、冬場は暖房が効かなくて凍えそうにゃ。

たくさん着込んで運転すると危ないし、そもそもおしゃれできない!

シートヒーターはお尻や背中から暖かくなって便利なんだけど、家の車にもつかないかしら?

すでに感じてる人もいると思いますが、最近の車は暖房が本当に効きません。

暖房は熱くなったエンジンの排熱を利用しています。

そのため昔の大排気量エンジンのように掃いていて捨てるほどの熱が出てた頃は問題ありませんでした。

しかし現代のエンジンは「直噴・充電制御・アトキンソン・ミラーサイクル・ハイブリッド」などで非常に熱効率が良いのです。

効率が良いということは熱が出にくいということ。

ましてやハイブリッドとなれば走行中にエンジンを止めたり動かしたりするため、なおのこと熱は発生しにくいのです!

ですから雪国のエコカーというのは死活問題とも言えるほど寒く、プリウスにシートヒーターを取り付けないと凍えて死ねます。

今回はそんなプリウスにシートヒーターを後付した話をします。

何を用意すれば良いの?

まずシートヒーターの取り付けの前に、シートヒーターを選びましょう。

後付ヒーターには2通りのものがあります。

  • シートの上からかけるタイプ
  • シートに埋め込むタイプ

大雑把ですが、基本的にこの二種です。

上からかけるタイプ

上からかけるタイプとは、シートの上に座布団を敷くような感じで敷くタイプのヒーターです。

こんな感じのもので、中には送風機能やマッサージまでついたものもいます。

ナンジャソリャ( ゚д゚)

メリットは手軽で多機能ってとこですね。

デメリットはその見た目です。

あきらかに質感の違うものがシートの上に乗るので、おばちゃんが車のシートに座布団を敷いてるみたいにダサいです。

コスパ星人

見た目よりコスパでしょ。

って人はこのタイプがおすすめです。

埋め込みタイプ

埋め込みタイプとはその名の通り、シートの中に埋め込んでしまいます。

こんなやつです。

見ての通りシートカバーを使って埋め込んでしまうタイプ。

なので見た目がきれいで純正のような雰囲気です。

見てくれが大事な僕は今回は後者を選びました。

埋め込みタイプを取り付けるために必要なもの

さて純正っぽく埋め込みたい僕が、今回用意したのは先程のヒーターパネルとこちらのシートカバーです。

安心のレガリアさんから出ている、プリウスのシートカバーです。

こういったシートカバーの注意点。

  • 発注前に必ず在庫を確認
  • ちゃんと形状が対応しているか

まずちゃんと形状確認しないと、付けるときになって合わない!なんてことになると悲惨です。

プリウスなんてモデルやらグレード、前期後期など確認するとこ多すぎです。

そしてもし在庫がない場合、注文から2ヶ月とか平気でかかりますからね。

ちなみにこのとき問い合わせたら、ブラックは在庫豊富でその他のカラーはメーカー確認になるとのことでした。

注意してね。

シートカバーにヒーターユニットを埋め込みます

まずはシートカバーの取り付けとヒーターパネルの埋め込みからはじめます。

シートカバーをかぶせる前にシートの表にヒーターパネルを貼り付けましょう。

難しいことはありません。

場所を決めて両面テープで貼り付けるだけです。

簡単ですね。

座面が短かい場合は少し切ってサイズを調整するそうですが、縦に切ると断線してヒーターがだめになります。

扱い方は取説に書いてありますので、必ず取説を参照ください。

そしてシートの座面と背もたれの隙間からヒーターの配線を後ろに引き出しておきます。

さぁ、貼ってしまったらヒーターは終了。

あとはシートカバーをかぶせるだけです。

いきなり完成図ですが、こうなります。

なんと高級感のあるシートでしょうか。

フィット感の強いシートカバーですから滑りにくく、取り付けは難儀でした。

しかしその分仕上がりは非常に綺麗です。

では運転席側も同じように貼り付けて、かぶせていきます。

完成!

シートヒーター作業云々もありますが、シートカバー一つで印象が全然違います。

つけたばかりですから多少シワの癖などはありますが、まさかプリウスの燃費最優先のLグレードとは誰も思うまい。

ちなみに後ろは座る人はいない予定なのでヒーター無しです。

なので車から外して、寒いので家の中で作業します。

これが

こうなります。

なにこれ、すごい。

これでシートヒーターとシートカバーのインストールは完了です。

あとは配線を組み込んでいくだけになります。

配線は意外とかんたん

ヒーターユニットの取付は完了し、それをカモフラージュするシートカバーも付きました。

ではお次に配線していきます。

1、スイッチの加工

まずはシートヒーターのスイッチを付けます。

スイッチは使いやすいところにつけるのが鉄則ですが、あまりにも突拍子もない所だと後付感でダサいです。

それでは僕のマイナスの美学に反しますから、あくまで自然な位置に自然な形で付けていきます。

というわけでプリウスの場合はセンターパネルのガーニッシュに取り付けます。

というわけで加工のためにとり外して家に持ち込み。

お気づきな方もいるかも知れませんが、このガーニッシュ自体が社外品です。

USBの給電したかったんですよね。

そんなことはいいとして。

このガーニッシュの右側にある、いかにもスイッチっぽいところ。

こにスイッチをはめようと思います。

ところがスイッチ自体が大きかったため、ガーニッシュにはまりませんでした。

まぁ改造ですからそんなことは想定内。

ガーニッシュの受け側をゴリゴリと破壊調整しながらスイッチを埋め込んでいきます。

コツも何もありません。チカラが全てなのです。

そしてできあがったのがこれです。

ジャン。

俺のこのガーニッシュを見てくれ。

こいつをどう思う?

すごく、、、純正です。

ちなみに裏は

後処理雑!

まぁ見えないところなので気にしませんのよ。

こんなところに性格が出ます。

さぁ次々!

2、配線準備

見た目が完成したなら次は車内配線です。

このシートヒーターは、リレー電源と電熱線の電源は別物になっています。

リレーは場所的にシガーから取ればいいです。

問題は電熱線の電源をどこから取るのかです。

なにせシートヒーターです。

ただの電熱線で消費電力が大きいですから、それなりの場所から持ってこないと安心できません。

そこで、プリウスは助手席下にあるヒューズボックスから電源を引っ張ることにします。

見、見にくい。

とりあえずアクセサリー電源15Aから引っ張りました。

それをダッシュパネルに這わせて、先程のガーニッシュ辺りまで引っ張ってきます。

とりあえずくっつけたらこんな感じ。

ごちゃごちゃです。

さて元電源は取れました。

次はここから分岐させて、それぞれのシートへ電源を供給するわけです。

でもこのまま配線むき出しはかっこ悪い

というわけでどこかにこの配線群を隠す必要があります。

ちなみにこの30プリウスの場合は簡単です。

この肘掛けを外して裏に隠しましょう。

配線していく上で面倒なものは予め外してあったほうが良いので、まずはばらします。

先程の画像にあるネジを外して、ヒジ下掛けの左右にもねじがあったのでそれも外します。

ぽろーーん、車って意外と単純なのです。

肘掛けの裏の鉄が錆びてますね。

なんででしょう。

まぁ今は忘れて、熱源の電源を確保。

そして広げたすぎた配線を隠す準備もできました。

後はヒーターパネルに接続して、配線を隠すだけです。

3、取り付け

それじゃ配線していきます。

といってもそれぞれがコネクターになっているので、左右のシート各2枚ずつのヒーターパネルにつなげるだけ。

簡単ね。

そして余った配線はこの裏辺りに隠していきます。

これを同じ要領で各シートパネル2枚ずつ、計4箇所をコネクターで接続します。

画像は省略。

そしてそれが終わったら、先程のリレーのあるガーニッシュにつなげます。

こんな感じになるよね。

で、最初の画像にあった、この状態になります。

リレー電源は最初にお話したとおり、ガーニッシュとセットになっているシガーソケットの裏から配線しました。

ちなみにこのヒータースイッチ。

バックライトがヘッドライトに合わせて光る仕組みで、スモール連動にさせるのが推奨です。

でもわざわざそのために専用の電源を取り直すのが面倒+視認性の向上を考えて、リレー電源と同じ場所から電源取りました。

まぁその方がわかりやすいしね。

さぁ、主電源取りました。

スイッチ電源もOKです。

ヒーターパネルもつなげました。

ライトも付きます。

ではテストしましょう。スイッチのダイヤルを回して暫く待つと、、、温かい!!

okです。次行きましょう。

4、もとに戻す

さて配線からテストまですべて完了です。

後はもとに戻すだけですが、やってきたことを逆にするだけなので特に難しいことはないのでがんばって組み立てましょう。

修復が苦手な方はケータイ等で写真をとりながらすすめると便利かもしれませんね。

今更ですが(´∀`*)ウフフ

機能性と質感が抜群に向上しました!

だれがこれを見てシートヒーターやシートカバーを後付だと思うでしょうか。

いや、シートカバーはしわがあるからバレるかもしれません。

とはいえこれで非常に快適な冬が過ごせています。

シートヒーターの後付というとややこしくて頭を悩ませそうですが、思いの外簡単だったと思います。

実際に配線も”常時・ACC・スモール・アース”の4点ですから、ETCをつけられる程度の電装品の知識がある人であれば、取り付けできるでしょう。

プリウスは暖房効くまでが極端に遅いからとても効果的です。

最近の燃費の良い車で暖房が効かなくて悩んでるあなた。

車のことで相談があったらいつでも乗ります。

よいカーライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です