格安キャリアを使いまわってきた僕が、1年間楽天モバイルを使ってみた感想をお話します

ソフィ

最近CMでよく見かける楽天モバイル。

安いのに使い放題だったりすごく魅力的だけど、正直なんかうさんくさい。

本当にあんな料金で使えるの?使えるとしたら回線弱いとかないの?

実際使ってみた感想とかきいてみたいんだけど。

楽天モバイルはCMですべての人に丁度いいスマホと銘打っています。

ですが、実はそうとはいい難く、使う人をかなり選びます

僕はちょうど1年、楽天モバイルを使っており、現在は家電として使い続けています。

プランとしては非常に優秀ですが、サポートなどを考えるとかなり微妙なのです。

この記事では僕自身が1年間楽天モバイルを使ってきた感想&レビュー。

そしてどんな人が楽天モバイルに向いているかをお話していきます。

楽天モバイルを1年使ってみた感想

楽天モバイルは2020年7月頃から”楽天Unlimited”というサービスをはじめました。

内容は以下の通り。

  • 1GBまでの通信量ならば回線使用料は無料!
  • 最大2,980円を払うことで通信量が無制限
  • 専用アプリを使うことで通話料&SMSが無料

なんともまぁ非常に魅力的な価格です。

まるでジャパネット○田のCMを見ているような錯覚に陥ります。

そんな楽天モバイル。

ですが僕の結論としては絶対的に良いとはいえないが、それほど問題はないサービスという評価です。

1つの指標として、楽天モバイルには専用アプリがありサポートなどもここから直接できるのです。

このアプリがまれにログアウトされるので再ログインが必要なのですが、パスワードを忘れたりした場合、話を聞こうにもショップは近くにない、チャット問い合わせしようにもアプリに入れない、なんてこともあります。

こうなってしまって対処が思い浮かばない人はやめたほうが良いでしょう。

  • 通話料は無料だけどアプリ必須
  • 回線は電波が弱い
  • サポートやアプリ面が若干ややこしい

通話料は無料だけどアプリ必須

楽天モバイルが魅力的なのは、通話料無料なことです。

大手キャリアもオプション料金を払うことで通話が無制限になるプランはあります。

しかし楽天モバイルは契約した時点でなにもなくとも無料。

これはどのキャリアにもない楽天独自のサービスです。

むしろ家に電話としておいておくだけなら、固定電話よりも安いのですよ。

ただし普通の通話とは違う点もあります。

無料の通話をするには楽天Linkという専用アプリを使う必要があります。

この通話は電話回線ではなく通信回線を使っているので、多少通話の品質が気になります。

LINE通話みたいな感じですね。

あともう一つ。

SMSですが、iPhoneの場合非常に不便です。

受信は純正アプリで送信は専用アプリとなぜか別々の動作になってしまいます。

そのためSMSのチャット風な使い勝手ができません。

正直これはかなり使いにくいですね。

最近ではLINEのようなメッセージアプリも多く、SMSを連絡として使う人は少ないかもしれません。

ですが仕事などでSMSの用途が多い人は注意が必要です。

楽天の通話関係で気になるのはその2点ですね。

その不便を多少目をつむることができれば、SMSの送受信も通話も無料です。

業務用の電話としての用途を考えているのであれば非常に良いでしょう。

通信品質はそこそこ

スマホで重要なのが通信品質ですね。

とはいえ、楽天回線は特に速度が遅いなどということは感じませんでした。

一応回線の速度も図ってみましたが、それなりです。

画像

そしてエリアですが、楽天回線はまだまだ普及の最中で占有率は低いです。

しかし日常的には楽天が届かないところではau回線を拾っているので、それほど問題はありません。

全く問題なさそうな通信ですが、やはり問題はありました。

  • 楽天回線は建物に弱い
  • パートナー回線は5GBまでの制限がある

楽天回線は建物内では電波が入りにくい特性があります。

そのため、楽天エリア内の通信容量無制限でデータを使っていたつもりが、実はパートナー回線を消費していたということがよくあります。

パートナーエリアは5GB使い切ってしまうと、楽天回線以外での速度制限がかかってしまいます

つまり速度低下の状態になってしまうわけですね。

これを復帰させるには500円/1GBの課金をする必要があります。

これが非常にやっかい。

僕自身、一週間ほど入院していたときのこと。

入院先がちょうど楽天エリア内の病院だったので、暇なときアマプラでビデオを見まくってました。

しかしふと確認してみると、勝手にパートナー回線に切り替わって通信量を消費しているのです。

無制限だと思って安心して使っているとあっという間に速度制限に引っかかります。

そしてまだまだ普及率の低い楽天モバイルで、パートナー回線を失うのは死活問題です。

これは楽天回線がプラチナバンドが使えないため起こる問題。

楽天は高周波帯の電波を使っているため、データ通信は早いけど壁などに遮られやすいのです。

電波はプラチナバンドといわれる低周波帯の電波のほうが建物の中に入りやすく、即座な改善は難しい。

楽天はこのあたりの譲歩を政府に訴えていますから、今後変わっていく可能性はあります。

が、現段階では建物内では回線が拾いにくいので注意が必要ですね。

どんまい。

ただ、うまく楽天回線を拾いながら通信していけば、20GBでも100GBでも通信量が使い放題

これならどんな固定回線や無線ルーターに比べても圧倒的に安いししても優秀。

使える人にはすごくお得なシステムですよ。

サポートやアプリがめんどい

楽天モバイルは、はっきりいってサポートは期待できません

トラブルが起きたとき、まずは自分でやってみるという気持ちがないと難しいでしょう。

一応楽天モバイルにもショップはありますがまだまだ数は少ないです。

そしてAIの問い合わせチャットに関しても基本的には定型文な返答です。

なので機種依存の問題など解決しづらい問題はだいたいサポートとの対話になります。

ただ通話を伴うサポートは、チャットで問い合わせして向こうから折り返しの電話が来るシステム。

しかしそれも待ち時間が非常に長く、ひどいときには2、3日待ちということもあるらしい。

これに関しては電話対応が必要な問い合わせをしたことがないので、僕は未経験。

わからなくなったらすぐに人に聞こうという人はイライラして無理でしょう。

ただ僕のように対人サポートが面倒な人には便利。

問い合わせのAIチャットが地味に優秀なので、楽天Linkから質問すれば24時間対応してくれます。

余計な手数料もかかりませんから、僕としてはこれほど便利なものはないですね。

楽天モバイル使ってる人はどう感じているのか

僕自身楽天モバイルは、なかなか優秀なキャリアだと思っています。

ただ、その他の人は楽天モバイルをどう見ているのか。

ちょっとTwitter上から調べてみましょう。

遅かったり圏外になったり、これはケータイとしては致命的です。

アンテナがフルに立っていてもつながらないとはどういうことでしょう。

楽天モバイルを検討している人にとっては悩ましい口コミです。

楽天モバイルは通信速度が安定していないようです。

回線速度は通信の時間帯やパートナー回線の消費など、いろいろな条件で変化があります。

回線速度や圏外病など通信で悩む人がいる一方、喜ぶ声もあります。

固定回線を弾いてなくても楽天モバイルは通信量無制限ですから、どれだけ使っても2,980円です。

光回線のような速度などを求めてないのであれば、スマホでこれはとても助かります。

価格の安いスマホですから、お子さんのスマホデビューには非常に良いかもしれませんね。

回線の弱さのようなデメリットが言われる一方、良い所も多いのが楽天モバイル。

楽天モバイルに加入する前に自分の環境でちゃんと使えるかどうかを一度確認したいところです。

やはり楽天といえばポイント完全の大きさが魅力。

こちらも契約と同時にたくさんのポイントが入ってくるのが魅力的ですね。

楽天経済を利用している人には非常に魅力的ではないでしょうか。

3大キャリアから楽天モバイルへ変えて節約できるか

値段的には間違いなく節約できます。

しかしレビューを見てもらっての通り、楽天モバイルは誰にでもあうわけではありません。

では現時点で3大キャリアを使っている人は、なにを重視しているでしょうか。

このあたりの視点から見ていきます。

  • キャリアメールなどの依存
  • サポート
  • 膨大な通信量

のいずれかに重視を持っているはずです。

キャリア依存している人

ezweb.ne.jpやdocomo.ne.jpなどといった、キャリア依存のメール。

Docomo決済で定期購読しているような人。

そんなキャリア依存する部分は、キャリアを変えた時点で変わってしまいます。

なので、ここを重視する人にはどうすることもできません

ただそんな人たちに言えることは、キャリア依存している限り搾取され続けるということ。

まずメールなんかはGoogleもそうだしiCloudだって無料で取得できます。

その上これらは、キャリアを変えたところで変える必要はありません。

全て持ち越しです。

そしてキャリア決済ですが、別にキャリアの決済じゃなくてもいいはず。

現代は手数料無料のクレジットカードもあれば電子決済等多くの無料サービスがあります。

これらもキャリアを変えたところで全く依存しません。

いつまでもキャリアに縛られているから無駄に高い料金を払う必要が出るのです。

とはいえ、そんな話をしても切り替えるのが面倒という一言で片付けられてしまいます。

ここに関してはそれに切り替える一瞬が面倒なだけに料金を毎月払い続けるのです。

だから、節約など必要はなく余裕があるのでしょう。

こういった人たちは養分になってもらえばいいと思っています。

サポートを重視してる人

サポートが必要だけど価格を抑えたいというのであれば、楽天モバイルは厳しい

先程の通り楽天モバイルは価格は安くなる分サポートはほぼないに等しい。

一部にはショップもあるが、契約に関するものばかりでアフターという意味ではかなり弱いです。

サポートはほしいけど、価格もなんとかして抑えたい。

そんな人はY!mobileやUQmobileのようなセカンドキャリアがおすすめ。

楽天モバイルほど価格メリットは大きくないが3大キャリアに比べれば安い。

そのうえショップも非常に多く、手厚いサポートも付いています。

そのため今までと遜色ないサポートと価格メリットの両方が享受できるのです。

逆に面倒なサポートが必要なく、ほとんどのことが自分でできる。

というのであれば楽天モバイルは価格面で圧倒的なメリットを受けられます。

膨大な通信をする

膨大な通信量が必要という場合こそ、楽天モバイルの出番

3大キャリアは通信量が60GBですが、その代わり約7000円もの金額を毎月払う必要があります。

その点楽天モバイルは、どれだけ使っても2,980円以上かからない。

いうなら、通信も通話も2,980円払えば使い放題ということ。

ただ3大キャリアは通信をあまり使わない月は通信料がやすくなります。

それが楽天ももちろん使わない月は低価格。

20BGまでなら1,980円、それ以下だった月は980円で収まったりと無駄な通信量を払う必要がない。

なんともまぁ、、価格では楽天にはかないませんわ

今現在、サポートは必要ないからオンラインで全部済ませたほうが楽という人。

そのうえで通信料をできるだけ抑えたいというのであれば、楽天モバイルが非常に心強いです。

楽天モバイルを1年使った僕が感じる、楽天モバイルについて。

  • 通話無料で通信量も無制限だから毎月の計算が楽
  • 電波品質が微妙なので、勝手にパートナー回線を消費してしまうこともある。
  • サポート体制はほぼ内に等しいので、自分で解決できる必要がある。

ケータイの価格を抑えたい人。

自分で解決できるから、面倒な対人サポートがいらない人。

通信量が圧倒的に多く、楽天エリアに住んでる人。

非常におすすめです。

契約しようかどうか迷っている場合、楽天は契約から3ヶ月は無料です。

とりあえず捨てる番号でもなんでもいいので契約してみて3ヶ月使ってみましょう。

それでダメなら解約ですし、よければMNPで本格活用すればいいのです。

スマホ代節約のために、まずはやってみてはどうでしょうか。

楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です