男の僕が、ミニマリストを目指して断捨離していった判断基準

ソフィ

家の中は整理整頓や掃除してるつもりなんだけど、どうしても散らかって見えるんだよね。

ミニマリストが断捨離をするときに、どういったところを気をつけたら良いのかにゃ?

今年はコロナ渦の影響もあって家ごもりすることが多く、断捨離する環境が整っていました。

ただ整理整頓をしていっても「整理整頓できているはずなのに、なんだか散らかっているような気がする」という不思議と気持ちの悪い感覚があります。

僕自身、元々整理整頓できる方の人間だと思っていましたし、どこに何があるかというのもだいたい把握していました。

それでもなんだか散らかっていてどうしようもないなという不思議な感覚があり、今年の夏にさらなる断捨離を試みたのです。

すると思いの外不要なものが多く、部屋中のものがなくなってすっきりしました。

今回は僕がなかなか捨てるかどうかを決められないときに使っていた方法をご紹介します。

何に使うか説明できるか

男は割と倫理的に考える部分が多いので、何に使うか説明できるかを考えましょう。

断捨離を始めると、最初のうちはなんとなくでもどんどん捨てられると思います。

  • 着なくなった服や変な置物。
  • 読まない本や使わない古いスマホなど。

断捨離していくにあたって、これはどうするかな?って迷うものは必ず出てきます。

そんなときは自問自答します。

例えば間接照明。

昔風水にハマってて、玄関は明るいほうが良いということで買った間接照明。

おしゃれな雰囲気が良いけど、邪魔な気もする。

そういうときは

自分1「風水的に玄関は明るいほうが良いからこの照明はあったほうが良いんではないか?」

自分2「玄関にはすでに照明が付いてるんだし、ソレ以上明るくする必要ないね」

自分1「でもこれがあるとおしゃれな雰囲気が楽しめるよね?」

自分2「掃除するときに邪魔だし、どかさずに掃除するとどんどんホコリが溜まってって汚くなるよね。
それじゃあおしゃれとは程遠いし、風水的にも良くないな」

結果

なくても十分明るく無いほうがきれいを保てるから結果的に風水としても良いから捨てよう。

こんな感じで自分の中で対話して説得された意見を採用していきます。

そんなことしてたら結局自分で説き伏せて、なかなか断捨離できないじゃないかと思うでしょう。

大丈夫です。

断捨離は一度で終わりではありません。

常に継続していくもので、このときは捨てられないと思ったものが、断捨離を続けていくとある日突然「やっぱいらないわ」と捨てられてしまうものなのです。

はじめのうちはある程度は勢いが大事なところもありますが、どうしても悩むという場合は試してみてください。

持っていてテンションが上がるかどうか

ミニマルにいきていくうえで大事な思考の一つが、それがあることでテンションが上がるかどうかです。

いくら便利な道具だとしても、持っていても気持ちが上がらないものをおいていてはしょうがありません。

僕の場合はベースでした。

僕のこだわりはギターだけなので、ベースにはそれほどこだわりがありません。

なのでヤフオクで中古で5弦ベースを購入し、所持していました。

これは音域も広いですし、これを持っていれば宅録からライブなど色々とこなせるので十分です。

ただテキトーに安くて万能だからと購入したこのベース。

塗装の剥がれや傷も多く、さらにシルバーベタ塗りのなんとなく安っぽい感じのデザイン。

一本しか持ってないベースということで、自分が使いやすいようにセッティングなどもしましたが全然しっくりこないのです。

そのためほとんど弾いていませんでした。

つまり使い勝手は良いけど、あまりにも気持ちが乗らないベース。

こいつも断捨離の一環として手放したのです。

手元においておくかどうかの基準で、あなたのテンションが上がるかどうかが非常に重要です。

逆にテンションの上がらないものは断捨離しなくてはなりません。

自分のアイデンティティを作るものはおいとけばいい

さて、いろいろ断舎離してきた中でどうしても捨てられないもの、手放せないものというものがあると思います。

もしそれ自身があなたのアイデンティティを作り上げるものだというのであれば、無理して手放す必要はないでしょう。

断捨離やミニマリズムの目的は、自分がやりたいことを明確にしてそれを目指すことのできる環境を作ることです。

そのための環境をデザインしていく過程なのですから、自分を構成する重要なものを断捨離することではないのです。

僕自身ギターもいくつかは断舎離して、現在所有しているのはエレキギターが5本にアコースティックギターが1本です。

普通に考えればエレキギターなんて5本もいらないし、一発で断捨離できそうな気がします。

ただどれも気持ちが入りすぎてしまっていて、これ以上断捨離できないんですよね。

僕自身ギタリストという強い信念があるので、そこは手放せないんだと思います。

そういった場合は無理に手放す必要はないでしょう。

ただ考えと環境は常にアップグレードされていくものです。

人間は成長します。

そして成長していく過程で、自分の置かれた環境も進化させなくてはなりません。

つまり自分のライフスタイルを改善するためにも常に環境デザインに気をくばる必要があります。

その過程でもし必要なければ「あ、これはもう必要ないな」と思える瞬間が出てきます。

そう思えたとき、それはあなたが成長した証でもあるのでお礼を言って手放しましょう。

断捨離は余計な情報を減らして、自分のライフスタイルを組み上げるための環境デザインです。

自分にとって最高の環境がデザインできるように、古いものに感謝しながら手放していきましょう。

まとめます。

  • 捨てるのに迷ったときは自問自答しよう
  • テンションが上がるものかどうかも重要
  • 自分にとって重要だと思えたものは手放さなくて良い

自分で手に入れたモノたちは愛着があって手放せない。そんな人も多いでしょう。

でも断捨離するときは心を鬼にして手放さなければならないのです。

手放しにくいなぁというときは、ここにある判断基準をもとに、手放してみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です