【必見】苦しい節約は無駄!簡単に節約する方法5選!



ソフィ
ソフィ
収入を増やすとか自分で事業をするとかの前に、家賃とか車とか食費とかめちゃくちゃお金かかってそんな事考えてる余裕もないよ。なんとか節約して日々の生活をなんとかしないといけない。簡単に節約する方法ってないの?

 

webライター兼クソ雑魚ギタリストの慎二です(@shinjiDOS)

実はサラリーマン時代からずっと違和感を感じていました。世間一般の人はこんな給料でどうやって生活しているの?ということ。

そう、普通に生きているだけのはずなのに全然お金が足りないのです。

もともと節約などは色々試していましたが、使わない電気は消す、食費を我慢する、安いスーパーを使うなどと言ったなんだか、面倒な割に効果の薄い節約ばかりで心が病みます。

しかし実は根本からいらないものや、お金を払いすぎているものが、生活の上では非常に多くあったのです。

これらを見直すだけで生活を大きく変えたり苦しい節約をしなくとも、節約が可能になるのです。

 

節約という名目で我慢ばかりしてない?

給料体系の見直しや終身雇用の崩壊などが叫ばれており、世の中にはお金がなくて生活が苦しいと嘆く人が多いです。そんなとき、現状を良くするために一番最初に考えつくのが節約だと思います。

では節約と言ったらどんなことが思い浮かびますか?

 

ソフィ
ソフィ
・ご飯の品を減らすorおにぎり一個で済ませる?
・暑いけど電気代がもったいないからエアコンはつけない?
・毎日のようにチラシを見て安いスーパーを探す?
・ガソリンは安いところを探して入れる?

 

などなど、使うお金を少しでも減らそうと考えている人が多いです。

確かに極限まで節約をしようとなるとこういう考えもありかもしれませんが、いうほど簡単ではありません。

というか実際こんな我慢は心を蝕んでしまい、人格をだめにします

 

例えばお金がないからランチはおにぎり一個だけという人。

お金がないからランチはおにぎり一個だなんて、自尊心を蝕むことはできますが全く節約にはなりません。

 

コンビニで120円のおにぎりを一個買うお金があるのなら、

・前日の夜にスーパーで半額のお惣菜をかう
・ご飯はまとめて炊いて冷凍しておき、朝レンジでチンして弁当箱に入れる
・自宅で作った麦茶を水筒で持ってくれば、

 

こうすることで同じようなお金で簡単に栄養バランスの裕福なランチになります。

我慢で作り出す節約は、マイナスの効果はあってもプラスに働くことはまずありません。

 

固定費の見直しが、実は真の節約

では簡単に節約していくためには一体どうすれば良いのでしょうか。

まずはじめに自分がどういったものにお金を使っているか正確に把握していますか?持っているお金が勝手になくなっていくことは、空き巣にでも入られない限りありえません。

必ずなにかに使っているはずです。

まずは大まかでいいので何にお金を使っているのかを把握しましょう。大体の人は以下のものが多いのではないでしょうか?

家賃
水道光熱費
自動車ローン
ケータイ料金
月額課金の音楽プラン
新聞費

こういったものがどれだけ自分の財布を埋め尽くしているかを、まずは認識することが大事です。

 

スマホの決済状況やクレジットカード、引き落とし通帳の流れなど、そういったものをしっかり確認し、何にどれだけ使っているかを把握してください。

 

だいたい何にお金を使ってしまっているかを把握できたら、次に毎月出ていく固定費を見直します。

現代は生活の中に無駄なものが勝手に組み込まれる仕組みなので見直しでかなり節約することができます。

 

スマホ通信費を見直す

一番最初に簡単に見直せるのはケータイ料金です。

はっきりいいますが、よほど大容量で動画を毎日見続ける人でもない限り、大手キャリアを使い続けるのは無駄です。

というのも通信容量の単価が異常に高いからです。

 

ここで大手キャリアのソフトバンクと子会社のワイモバイルで比較してみましょう。

ソフトバンクのミニフィットプラン(定量性プラン)。こちらは使う容量ごとに金額が加算されていく仕組みですが、画像では総額5,258円ですが、一ヶ月に5GBまで使用すると通信量が6,500円になり、月額使用料は8,030円になります。

これはあなたにとっては普通でしょうか?

 

普通だと思ってるならやばいです。

 

これ格安キャリアのワイモバイルであれば2,680円で4GBの通信ができます。そしてこれ、ソフトバンクではさらに800円払ってオプションにしないといけない通話10分無料も最初から込みの価格です。

そしていちばん重要なところですが、ソフトバンクもワイモバイルも同じ会社ですから基本的に同じ回線を使っています

なのにぶっちゃけこの差、おかしくないですか?

 

ソフトバンクはメリハリプランと言って50GBまで容量のあるプランが有り、2GBまで使わなかった人は通信量が1,500円割引になり、それ以上使う人は6,500円になるというプランを打ち出しています。

50GBもの大容量を使う人なら考えても良いですが、6,500円もあればぶっちゃけ自宅に光回線が引けます。自宅で見ましょう。

 

つまり

ソフトバンク8,030円-ワイモバイル2,948円=5,082円

 

つまり大手キャリアからスマホを格安simに切り替えるだけで、同じことをしていても月々5,082円、年間で60,980円も節約できるのです。

おにぎり一個節約したりエアコン切ってる場合じゃあないです。今ではオンラインで簡単に切り替えができますから、今すぐ切り替えましょう。

【必見】ワイモバイルへ変えて年間84,000円も安い料金に!

 

生命保険を見直す

次に見直すべきは生命保険です。医療保険やがん保険、学資保険や個人年金などさまざまな保険がありますね。

まずそれらの内容把握できていますか?どういったときに払われるか知っていますか?しっかり把握して置かなければ無用の長物です。

ただそれでもある程度返ってくるには条件がありますし、必要なければ入る必要ないものです。

たとえばあなたが入っている社会保険。月々の医療費がおおよそ10万円を超えたら返って来る制度ご存知ですか?

全国健康保険協会

 

これを説明し始めるととても長いので興味があったらこちらを読んでみてください。

別に特別な保険に入っていなくても、社会保険が手厚く援助してくれるので、大きな金額は必要ないのです。

つまりもうすでにかなり手厚い保険に入っているのに医療保険に入る理由はなんですか?いりませんよね。

 

個人年金や学資保険の利率なんてものもありますが、こちらは正直はいるほうがリスクなのではないでしょうか

こういった保険は長く貯金することで利息がつくタイプですが、もし急な現金が必要になったときに解約するとほぼほぼ元本割れします

しかも最近では年利に関しても1~7%程度とあまり良くありません。

NISAなどでローリスクな投資をしておいたほうが、よほど利率も良く動かしやすいです。

 

そして独身者で生命保険に入っている人は、一体誰にお金を残すのでしょうか。親でしょうか?もし自分が死んで家族が残されるとまずいということであれば、わざわざ医療保険などの入った高いセットを買わなくても、掛け捨ての安い生命保険に入っておけば十分でしょう。

 

昔は保険に入っているだけで利率がついて儲かる時期があったので保険を押す人は多いですが、現在はまずそういった事はありません。

つまり簡単な話、基本保険なんて入る必要はありません。

 

車を見直す

自分の身の丈に合わない高い車に乗っていませんか。身の丈に合わない車というのは、自動車ローンを組んでまで購入している新車のことを指します。

現代は年収300万円しかない人でも、ローンを組むことで簡単に500万円の車を購入することができます。

 

しかし考えてみてください。もしディーラーローンで500万円の車を5年ローンで購入すると、金利だけで78万円になります

*ディーラー金利は基本的に5.9%前後です。

そう78万円です。節約したいと言ってるのに何でこんな無駄なお金を払う必要があるのでしょう。これだけあったら海外旅行していろいろな体験ができます。

 

しかもさらに毎月9万円の返済です。1年で108万円。税込み年収300万円の人なら、3分の1を返済に当てていてはかなり生活が苦しいでしょう。

ガソリン代も捻出できない、旅行もできないではなんのために買っているのかさっぱりわかりません。

 

どうしても車が必要であれば100万円以下で十分な中古車が売っていますし、なんならスズキのアルトやダイハツのミライースなどであれば100万円を切る金額で新車があります。

なんなら500万円の金利であった78万円で十分買えますよ。これなら金銭的な負担もほとんどないので生活はとても楽になるはずです。

節約以前にその車が自分にとってそれほど重要なのかを考えてみましょう。

 

もし、車のために生きているというのであれば別です。

 

使うクレジットカードは還元率の高いものに統一

使うクレジットカードをポイント還元率の高いカードに統一してしまいましょう。

クレジットカードにはポイントが貯まるものが多くあり、ポイント優待などもあって簡単に溜まりますし、使いやすいです。

 

クレジットカードを選ぶ基本は”年会費が無料”で”ポイント還元率の高いもの”です。この2つはクレジットカードの条件として基本です。

そしてもう一つ。ポイントが使いやすいことです

せっかくポイントを貯めても自社サービスで現品交換であったり、自社マーケットの値引きにしか使えないというものもあります。

これじゃあ簡単に使うこともできず、気がついたら失効してしまうことも多く、無駄ですね。

 

例えば僕の使っている楽天カードであればコンビニやスーパーなどでもポイントの使用、もしくは楽天Payとして簡単に使うことができるので、ポイントの回転は非常に早いです。

還元率が高く、ポイントの使いやすいカードに使うカードを統一することで、非常に効率よく貯めることができます。

楽天カード。とても便利です!

 

コンビニには近づかない

コンビニには近づかないというのは、単純にすべての単価が高いからです。

ペットボトル飲料などであってもスーパーでは98円で売ってるものが、コンビニでは140円とかはザラですし、僕の大好きな赤ワイン”アルパカ”もスーパーでは440円ほどですがコンビニでは560円とかなり高くなります。

全く同じものがこれほど料金が違うのです。

人によっては「そんなものケチくさい」とか全く気にならない少額かもしれませんが、その金額でコンビニは24時間も営業する利益を獲得できているのです。

コンビニは貴族の行く場所というのはさすがに言いすぎですが、大体口癖のように「お金がない」っていう人はだいたい躊躇なくコンビニに言っています。

 

お金がないとつぶやくのであればコンビニへ近づいてはいけません。

 

こんな節約は絶対ダメ

簡単に節約する重要なポイントを5つご紹介しました。普段の生活を変えずに、これだけ見直すだけでお金は非常に減りにくくなるはずです。

ただ節約という名目でケチってはいけないものもいくつもあります。

 

空調をケチる

電気代がもったいないからと言って灼熱の中をエアコン無しで生きている人はいるでしょうか?さすがにもういないと思います。

子供の頃はエアコンがいらなかったからとか言ってこの原題でもエアコンをケチろうとする人がいますが、非常に危険です

 

https://naoblog.net/2018/07/14/post-779/

こちらのなおログさんのところでデータを使って詳しく書いてありますが、最低気温がここ100年ほどで10度近く上昇しています。1970年からすると5度以上は上がっていますね。

エアコンを付けずに熱中症や脱水症状で病院に運ばれるような自体になっては余計にお金がかかります。世間的にも恥ずかしいですからやめましょう。

 

ちなみにエアコンはある程度はつけっぱなしにしておいたほうが良いことも多いです。エアコンは付けた直後にフルで稼働して部屋内の温度を冷やすので、そのときに一番電力を食います。

自転車を漕ぐときと同じで、止まった状態から走り出すときはとても力がいりますが、ある程度スピードが乗ってくると軽い力で走り続けることができますね。それと同じです。

 

1時間程度のお出かけであれば、エアコンはつけっぱなしでも問題ないのが現在の常識です。

 

割引商品を買い漁る

割引商品で安いからと言って何でも買い漁るのも、結局は節約にはなりません

惣菜が半額になっているからと言って大量に買い漁ったり、期限の近い牛乳が割引されているからと幾つも買ったりと言う人がいますが、本当に必要かどうかを考えてからかいましょう。

気がつけば冷凍庫の底の方で化石のように眠っていたり、冷蔵庫の中で異臭を放っていることがあるかもしれません。

割引されているからと言って必ず必要だとは限りません。必要なものが、たまたま割引されていたら買うべきなのです。

 

ちなみにソースはうちの母親です。

 

ポイントカードばっかり作ってる

ポイントカードばかりで財布がパンパンになっていませんか?それも節約のように見えて実は浪費に繋がります。

買い物に行って今ここで買えるのに、ポイントに引かれてわざわざ別のスーパーへいったり、ポイント10倍だからといって必要のないものまで買ってしまうのが人間の心理です。

これらの行為は確かに節約につながるかもしれませんが、そもそも時間が無駄ですし結局ポイントも貯まりきる前に期限が切れてしまったりとあまりいいことはありません。

さらに一度手に入れたものを簡単には捨てられないという人間の心理をうまく利用した商法ですので、引っかかっていては節約できません。

 

ポイントカードを作るのは、かならず行くようなお店だけ、とにかくポイントを貯めたいのであればさきほどのクレジットカードのポイントで統一して貯めるのが良いでしょう。

 

世間が当たり前と思っていることを疑ってみる

車をローンで買うこと、新聞を購読すること、生命保険に入ること、ポイントカードを作ること、これらは世間一般では常識のように言われており、疑う人もいないでしょう。

むしろやってない人は変だという風潮までありますね

 

しかしその常識というのはものを売る側が作った勝手なマーケティングの一つだったりします。

 

例えばシャンプーを一つ例にあげてみましょう。

現代では一般的には毎日シャンプーするのが普通と言われていますね。

 

ではこちらを見てください。今から90年ほど前、1932年の広告です。

キャッチコピーは”せめて月に二回は!”です。花王のシャンプーの宣伝文句ですが、なんとつまりこの頃は月に二回もシャンプーしてなかったのです。

え?って思いますよね。せめて二回はってことは一回もしてない人もいたのかもしれません。

では次ですが、

せめて月に二回は、から週に一度になっています。

この間たった3年です。花王さん頑張ってシャンプー普及してます。

そしてそれから30年後の1965年には、夏場は5日に一度はシャンプーしましょうになっているのです。

徐々に回数を増やしていますね。

そして1983年。約40年前ですね。

毎日シャンプーするからわかるんだそうです。毎日シャンプーするのがおしゃれ、普通だというふうに刷り込み始めているのがわかりますね。

 

そもそもシャンプーという習慣が一般的になってきたのがここ90年ほど。毎日するというふうに刷り込まれたのがここ40年ほどなのです。

毎日シャンプーをするという常識、実はこれも花王がシャンプーを売るために作り上げた常識のひとつなのです

 

無駄なものを楽しむのはこころの豊かさを育むのに必要ですが、その無駄が日常の普通になってしまったら、それは楽しみではなく苦痛になってしまいます。

自分が行うその行為は、自分の生活において本当に必要なものなか、それを判断する必要があります。企業側が作り上げた消費の常識を疑うことは、節約への大事な一歩なのだと言えます。

 

ただ頭が臭いのは世間的にNGですので、最低限の清潔レベルは保ちましょう。

 

節約したお金は眠らせるのではなく投資に回すべし

当然ながら節約をすればお金が浮いてきます。ただこのお金を自分の欲しい物に使っているのでは、結局浪費と変わりません。

かといって後生大事にタンスに入れてもお金は増えませんし、銀行に預けてもほぼ変化しません。

 

現在節約をしているということは、更にお金を増やしたいという思惑があるのではないでしょうか。

 

お金を増やす大事なステップは投資です。

ただ投資と言っても、株や先物取引のような世界に節約したお金を飛び込ませても、ほぼ利益は生まれません。むしろ素人がなんの気なしに手を出すと、せっかくのお金がなくなることが多いでしょう。

 

一番良い投資は自分への投資です。

節約によって生まれたお金は、本を読む、勉強する、セミナーへ行くなど、自分への投資として使いましょう。

そうすることで、節約で得たお金は更に大きなリターンとしてあなたのもとへ帰ってきます。

 

フリーランスを目指すなら自分への投資は今からするべき!自己投資の理由とおすすめ6選!

サラリーマンで副業を始める手順。フリーランスの僕が実際にやったこと。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です